無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

26
じょんよんside
私が好きなつうぃは目の前にいる。

刺されたのに生きている。

これ以上の幸せは無いけれど、

1つ贅沢を言うと
















































笑顔を見せて