無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

51
きっとonceなら誰もが見たであろう
“sixteen”
でTWICEとして
華やかな第2の人生を
歩み始めた。
で、色々あって今に至る。
てひょん
久しぶり
ここまで思い出した私は
急にててが怖くなった
じょんよん
じょんよん
あ…うん…久しぶり…
てひょん
ねぇまだ怖い…?俺、
じょんよん
じょんよん
え、あ…うん…
てひょん
ふつうに同じk-popアイドルとして、接してよ…
じょんよん
じょんよん
ごめん…
てひょん
もういい。
じょんよん
じょんよん
待って!
私は咄嗟にてての手を掴んだ。
じょんよん
じょんよん
どうして…警察になってるの?
てひょん
あ、そじゅん。覚えてる?
じょんよん
じょんよん
もちろん、
てひょん
あいつが警察の偉い人やっててこのこと知ったからって
てひょん
俺に貸してくれた
じょんよん
じょんよん
そ…うなんだ…
コンコン
じょんよん
じょんよん
はい!
そじゅん
ん、覚えてる?
じょんよん
じょんよん
そじゅん…久しぶり!
そじゅん
あ、警察と被害者の友達って感じで接してね。
じょんよん
じょんよん
あ、うん、
そじゅん
加害者、まぁ容疑者ですね。が絞り込まれました。
じょんよん
じょんよん
え…
そじゅん
てて、席を外してくれる?
てひょん
え、あ…はい。
てては不満げな表情で出て行った。
そじゅん
てかほぼ確定なんだけど、
そじゅん
証拠が少ないのと、あと…
じょんよん
じょんよん
あと…?
そじゅん
TWICEのメンバー、じひょさんが
「行方不明になりました」