無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

38
ててside
俺は走った。
あいつを傷つけてしまった。
あいつのことだから
「ててに捨てられるかもしれない」
って思ってんだろ。
自信を持てつってんのに。
あーもう。
子供のてて
じょんよんが好きそうな財布とイヤリング…か…
買ってやるか。
ピーンポーン
子供のじょんよん
はーい!
子供のてて
ん…
俺素直じゃねぇなぁ
勝手に体が動いて自分の家へ帰ろうとしてしまう。
子供のじょんよん
これなんで好きって…
地獄耳な俺氏←
好きだったんだ。よかった。
なぜか涙が出てきて頬を濡らす。
🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

yuuna です!
これピアスですよね多分、今気づきました笑笑
許してちょ。