プリ小説

第36話

29
しばらくしてつうぃがやっぱり管に繋がれてベッドのまま帰ってきた。
じょんよん
じょんよん
つうぃ
じょんよん
じょんよん
愛してるって言ってよ。
じょんよん
じょんよん
笑顔を見せてよ
じょんよん
じょんよん
歌を聴かせてよ
じょんよん
じょんよん
ダンスを見せてよ
じょんよん
じょんよん
もう一回でいいからいちゃいちゃしようよ
じょんよん
じょんよん
じょんよん
じょんよん
無理かな。………ならさ
「目を開けてよ」
あーあ。
つうぃがなにしたって言うの…
つうぃは…つうぃは…
笑顔が可愛くて歌もダンスも上手くて見てると私も笑顔になれて元気をもらえて家族思いでメンバー思いで優しくてかっこよくてセクシーで愛嬌が上手くて家事だって上手くて壁があっても諦めなくて努力家で勉強家で
もう魅力しかないじゃん
憧れの女性
この言葉はつうぃのためにうまれたんじゃないかってくらい
年下なのに憧れの人。
どうか神様もう私の望みをひとつだけ叶えてください。
じょんよん
じょんよん
つうぃ、生きて。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

___yuuna__☺︎♡
___yuuna__☺︎♡
✏︎✏︎✏︎✏︎短いから最後まで見てください。✏︎✏︎✏︎✏︎ 【連載中】 「な い しょ ご と」 「かれかの(仮)」 「yuuna🌸」 【完結】 「そっくりでそっくりじゃない」 あんまり掛け持ちできないんです、 宣伝してくれたらえんじぇるなります(?)👼🏻 だからえんじぇるならせてくれた人には幸福が訪れるでしょう(神) TWICE🍭つうぃよりじょんよん強めall BLACK PINK🥀りさよりall 🌾☆♡待ってます*。