無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ドタドタ👣
じょんよん
じょんよん
…!?
つうぃ
つうぃ
…!?
ちぇよん
ちぇよん
じょんよんおんに〜つうぃ〜早く〜!
じょんよん
じょんよん
どしたの?
ちぇよん
ちぇよん
早くしないとテレビ始まっちゃうよー
つうぃ
つうぃ
わかった!すぐいきます!
あーあ。ふたりっきりの時間が今日は短かったなあ…
じょんよん
じょんよん
リビングでやっちゃう…?(小声)
つうぃ
つうぃ
っっっっっ!?
ソファに座ったらじょんよんは手を繋ぐふりをして私のあそこを触ってきた…
つうぃ
つうぃ
んんっ…//
じょんよん
じょんよん
静かにしないとみんなにばれちゃうよ…?
こんな状態で耳元で囁かれたら感じちゃうよ…//
つうぃ
つうぃ
やめっ…///
じょんよん
じょんよん
テレビ見たいとこ私終わったからお皿洗いの続きやってくるねー
さな
さな
はーい
つうぃ
つうぃ
えっ?
気持ちよかったのに…途中でやめられたらうずうずしちゃうっ…
つうぃ
つうぃ
私も皿洗い仕事だし手伝ってくるっ!
じょんよん
じょんよん
やっぱきたね…笑笑
つうぃ
つうぃ
だって…//
じょんよん
じょんよん
続き…する…?///
つうぃ
つうぃ
うんっ//