無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

52
「じひょさんが行方不明になりました。」
そじゅんは確かにそう言った。
でも認めたくなかった。
だから聞こえないふりをした。
じょんよん
じょんよん
え?
じょんよん
じょんよん
ごめん、よく聞こえなかった…
そじゅん
嘘つくなよ。
そじゅん
わかってんだろ、とにかくなんかわかったら連絡するから。
そう言い残し部屋を出て行った。
じひょ…?どうして…?
じょんよんのLINE
じょんよんのLINE
1つだけ聞いていい?
そじゅんのLINE
そじゅんのLINE
なに?
じょんよんのLINE
じょんよんのLINE
じひょはどうして居なくなったの…
そじゅんのLINE
そじゅんのLINE
わからない、ただちょう・つうぃを刺した人と同一人物と見て捜査してる。
じょんよんのLINE
じょんよんのLINE
そっか…ありがと
じょんよん
じょんよん
つうぃ…
聞いてた?
じひょ、行方不明になっちゃったんだって。
つうぃを刺した人と同じ人が犯人っぽいんだって。
どうして私たちなんだろ…