無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

つうぃside

ここ…どこ…

じょんよん…くらいよ…怖いよ…助けて…
じょんよん
じょんよん
つうぃに何したの!
もも
もも
なんでもいいじゃん。
じょんよん
じょんよん
なんでもよくないよ!!
もも
もも
そんなことよりつうぃじゃなくて私とヤろ?
じょんよん
じょんよん
えっ…やだやだやだやだやだ
もも
もも
ふふふ
じょんよん
じょんよん
えっいや…んんっ…///
もも
もも
もう感じてるの?変態だなあ。おんには。
じょんよん
じょんよん
えっちがっうっ…//
———————————————————————————————
さな
さな
つうぃ…
つうぃ
つうぃ
なに。さなおんに。
つうぃ
つうぃ
ここどこなの。
さな
さな
さあね。
さな
さな
ちなみにももおんにもあなたたちのこと知ってるから。
つうぃ
つうぃ
えっ…
さな
さな
今頃じょんよんおんにはももおんににめちゃくちゃにされてるだろうなあ
つうぃ
つうぃ
うそ…でしょ…?
さな
さな
悔しいでしょ?おんにに裏切られるなんてね笑笑
つうぃ
つうぃ
おんに…私おんにのこと信じてた。
さな
さな
そんな綺麗事やめてよ。
さな
さな
あーあ。どうすんの。あんたは抵抗すればじょんよんおんにに傷がつく。
でも抵抗しないと永遠にここにいることになる。
さな
さな
もちろん
もも
もも
じょんよんが抵抗したらつうぃに傷がつく。
つうぃ
つうぃ
え…
じょんよん
じょんよん
え…
もちろん私とじょんよんの思ってることが一緒なんて思ってもいなかった。


どうすればいいんだろう…