プリ小説

第18話

14
いやらしい音が部屋に響き渡る
この音だけで興奮してしまうくらい変態になっちゃったんだ、
ん?変態にされた、か。
純粋で綺麗だったあの頃の私に「娯楽」「快感」を教えたのはじょんよんだった。
みるみるうちに白かった私の心は
黒くいなっていった。
それとともに体も大人っぽくいやらしく成長していった。
つうぃ
つうぃ
んっ…///
ああ、ダメだ。気持ちいい。
じょんよんの生暖かい舌が私の愛液を綺麗に舐めとっていく。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

___yuuna__☺︎♡
___yuuna__☺︎♡
✏︎✏︎✏︎✏︎短いから最後まで見てください。✏︎✏︎✏︎✏︎ 【連載中】 「な い しょ ご と」 「かれかの(仮)」 「yuuna🌸」 【完結】 「そっくりでそっくりじゃない」 あんまり掛け持ちできないんです、 宣伝してくれたらえんじぇるなります(?)👼🏻 だからえんじぇるならせてくれた人には幸福が訪れるでしょう(神) TWICE🍭つうぃよりじょんよん強めall BLACK PINK🥀りさよりall 🌾☆♡待ってます*。