無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

32
子供のじょんよん
ほんとに?
子供のてて
ほんとだよ!!
_____________________
子供のじょんよん
ててー
子供のてて
なーに?
子供のじょんよん
あのね、ててと話してるとドキドキするの。
子供のてて
僕もだよ。
子供のじょんよん
なんだろね。
子供のてて
うーん。大人たちが言ってる「恋」じゃないかな?
子供のじょんよん
「恋」?なーにそれ?
子供のてて
えっと…好きってことだよ!
子供のじょんよん
そうなの!?じゃあ好き同士だね☺︎
子供のてて
うん!いっしょ!
そうやって「恋」の意味もピンとこない時期に両思いになった。
時は流れ、中学生の頃。
子供のじょんよん
学校一緒だっけ?
子供のてて
うん。
子供のじょんよん
一緒にいこーよ!
子供のてて
別にいいよ
そうやって冷たくなっていく君を見ると目頭が熱くなる。
通行人
え。カップルなのかな?
通行人
それな!むっちゃ美男美女やんね!
子供のじょんよん
…///
子供のてて
ねえ。
ドンッ
はじめての壁ドンは電車の中。
子供のてて
なに赤くなっちゃってんの?
ちゅっ
通行人
ひやぁぁぁぁぁ…///
子供のてて
ふふっ
ああ…きみはずるい人だね。
さっきまでそっけなかったのに。