無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

SevenTONES
そんなこんなで早3年。






今の私達がこちら💁‍♀️






慎太郎
おいあなた!!
腹減った!
なんかくれ!




あなた
バナナ食うか?短パンゴリラ。




慎太郎
うっほうっほうっほ







あなた
マジなゴリラやん笑笑
よしよしゴリラちゃんおいでー棒



大我
ねーだれか俺のスマホ知らない?



ジェシー
さっきあなたが腹減ったっつって食ってたよ



北斗
やば笑



あなた
美味しくいただきました



大我
今すぐ吐き出せ((ほっぺモミクシャ



あなた
やめろやおっさん。



大我
おい



ほらふざけてないで早くダンス練習しろ笑
あなたはとくにやれ。
運動音痴。


あなた
大我よりはいーもん


大我
はぁ?!
俺おまえより踊れるしー!!


ジェシー
ほら喧嘩すんなよキセキの松本笑



あなた
そのキセキの松本ってなに本当笑



ジェシー
え?だから、おまえの松村の松と大我の本で松本


北斗
次から潤くんにすれば笑


あなた
あ〜松本潤くん?笑


北斗
そうそう笑


ジェシー
じゃあおまえら次から潤くんな。



大我
はぁ?笑



ほらおまえら早く練習しろ!



優吾
ほらあなた教えてやるからやろ?笑



あなた
ふぁいっ



優吾
お、あなた上手くなってんじゃん


あなた
まぁね、才能才能☆



北斗
嘘つけおまえ昨日散々1人で練習してただろ


あなた
うるっさい



大我
あーてれてるぅ


あなた
ソフトクリームにしますよぉ?




あなたアホなこといってないで練習しなさい笑


あなた
わかったよママ!!




誰がママじゃおら
















これが私達








もうすぐライブなんだよね









さ、練習がんばろ