無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4話
朝だ
うんざりするほど眩しい朝日
上着を軽く羽織って食卓へ向かう
パパ
あなた,学園長と話をして1ヶ月ならNRCに行っていいことになった 
向こうにいる間はカリムの寮で過ごしなさい
ママ
カリムによろしくねぇ
あっ!あとあの子もいなかったかしら?
あなたも小さい頃から仲良くしてた!
あなた
ジャミルお兄ちゃんのこと?
ママ
そうそう!あの子にもよろしくね
あなた
ママは全然わかってない
私はお兄ちゃんに会いたい
"ジャミルお兄ちゃん"に
カリムお兄ちゃんには結婚してからでも理由をつければ会える
兄妹だもの
誰も会うことを阻まない
だけどジャミルお兄ちゃんは違う
ただの従者
幼馴染
ただそれだけの関係
結婚後の女が男に会うことは好まれない
ママ
あなた?どうしたの?
ぼーっとしちゃって
そんなに惚けていたらスープをこぼすわよ?
あなた
あっ うん ごめん
パパ
とにかく明日からNRCに行けるからな
楽しんでこいよ
あなた
うん…ありがとパパ

ごちそうさま!
急いで席を立ち部屋に戻る 
昨日まとめた荷物を確認して
ベットに寝転がる
明日が早く来るように願って
瞼を閉じた