無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

321
2021/07/04

第8話

東卍
 

集会から2日、今私たちは東卍のアジト(?)に乗り込んでいる。


情報が正しければ今日は東卍が集会をやっているそうだ。


(なまえ)
あなた
ねぇー?ちょーーーーーぉっといいかなー?


ここで私は煽りスキルを発動していく。


相手を怒らせてボコすのが楽しいんだよね。


ああ゙?
憂那
憂那
私の妹知らない?
妹?ここに乗り込んできてまで妹かぁ?
(なまえ)
あなた
んー、じゃあーキヨマサって居ない?
(なまえ)
あなた
私のお兄ちゃんなんだけど♡
キヨマサなら三番隊にいるはずだぞ
(なまえ)
あなた
そ、ありがと


何故かは知らないが普通に答えてくれたことに感謝をし


三番隊と思われるところに突っ込んで行った←


(なまえ)
あなた
あ、いたいた…
(なまえ)
あなた
久しぶりだねお兄ちゃん♡
キヨマサ
は?
(なまえ)
あなた
師範の妹返してよ?
キヨマサ
なんの事だ?
(なまえ)
あなた
あっれー?しらばっくれるき?


元々用意してきたプランは3つ。


1つ目は普通に聞くこと、だけど今ボツになったね。


2つ目は必死にかくしていることを暴露してやること、でも多分何も起こらないと思う。


だから最後の賭け、私らの組が東卍と喧嘩をする。


と言ってもキヨマサの取り巻きだけだけれど(笑)
(なまえ)
あなた
散々私に暴力振っといて、どうなっても知らんよ?
(なまえ)
あなた
なんならサツに言っちゃおっと〜
キヨマサ
好きにしろよ
(なまえ)
あなた
あれ、効果ないかー…じゃあさ
(なまえ)
あなた
"買ってよ、タイマン"