無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

375
2021/07/03

第4話

師範らしいや
(なまえ)
あなた
「バレちゃった?」じゃないでしょ!!
憂那
憂那
あはは……



隠すのが下手なのは師範らしいが、多分師範は私がどうして怒っているのかわかっていない。


(なまえ)
あなた
私だって参加したかったんだけども?
(なまえ)
あなた
なんで誘ってくれなかったのさ……


と、不貞腐れているといつも師範は「次は一緒に行こうね」と言ってくるが今日は違った。
憂那
憂那
ごめんね、今回のはあなたじゃダメなんだ
(なまえ)
あなた
なに、それ
(なまえ)
あなた
どういうこと…
憂那
憂那
私が引き起こしたことだからさ、自分で肩をつけなきゃ



なんだそんなことか、と私は思った。


師範が引き起こしたことなら私にも関係があるじゃないか、なんて。


家族じゃんか、なんて。


師範は迷惑かけたくなかったから一人で行ったって頭ではわかっているのに、



私ってここまでワガママだったんだ…



(なまえ)
あなた
ねぇ、師範…
(なまえ)
あなた
困ったことがあったら相談するって約束…忘れちゃった?
憂那
憂那
ううん、そうじゃないんだよ…
(なまえ)
あなた
組の約束、忘れちゃった?
憂那
憂那
違う、
(なまえ)
あなた
私達のこと信用出来ないの?
憂那
憂那
できる、できるよ…でも…