無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

259
2021/07/09

第13話

男の子
大丈夫か?
 
知らない人、



知らない場所、



(なまえ)
あなた
え、ここ何処…
俺ん家だ


うん、誰んちでしょうか……


全く分からないまま話は進む。

大丈夫ならこれ食え
(なまえ)
あなた
ごはん…………


暖かい白ご飯と味噌汁を見た途端顔が暑くなった。


私にご飯を作ってくれていた師範はもう、いない。


もう、師範には会えない…



泣きたきゃ泣けよ


と言いながら私を抱きしめてくれる男の子に私は一目惚れしたのだろう。


ドクン と胸が波打つのが分かる。


(なまえ)
あなた
ヒッグッヒッグッ……うわぁぁぁん


私はまるで産まれたての赤ちゃんのように泣きじゃくった。


そんな私をその男の子はずっと抱きしめてくれていた。


こんなに暖かい温もりに触れたのは小学生以来だった。





























あ、あなたちゃんは中学2年生です←


アンケート

男の子は
三ツ谷隆
59%
松野千冬
41%
投票数: 153票