無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

153
2021/07/18

第22話

めんどくさい
(なまえ)
あなた
それで、お姉ちゃん(仮)がなんの用?
清水譽
清水譽
キヨマサってどこにいんの?


なんでお兄ちゃんの居場所なんか気にするんだ。


それにどうして私がお兄ちゃんのいばしょを知っていると思ってるの?


(なまえ)
あなた
知らない


人指したわけだし警察には捕まっていると思いたいが。


清水譽
清水譽
そっかーじゃあ病院行こーね


順番が違うと思ったのは私だけだろうか?


今更病院なんて行ったって特に何もないと思う。


(なまえ)
あなた
いや、行かない
(なまえ)
あなた
帰る


椎菜にも澪奈にも置いていかれたし、もうここには用事はない。


清水譽
清水譽
えー、
(なまえ)
あなた
さよなら


もう会うことは無いと願って。


再び帰路に着いた。







1人で考え事をしながらゆっくり帰る、そのはずだったのに……




なのに、なんでこいつがいるんだ?


清水譽
清水譽
ねーねー
清水譽
清水譽
今日泊めてよー
清水譽
清水譽
ねぇったらー


すごくうるさい。


ゆっくり帰るどころか考え事もできない。



(なまえ)
あなた
お願いだから黙って
清水譽
清水譽
無理


即答されてしまった。



このまま家にこいつを連れて行ってもうるさいだけだ。



誰かの家へ連れていき置き去りにするしかない。



そう思い____の家へ向かった。




アンケート

誰の家?
椎菜&澪奈
23%
55%
病院(?)
23%
投票数: 80票