無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3


















































   昼ご飯の時間 、あなたちゃんは

   いつものメンバーで食べようとしてる 。

   あなたちゃんが誰かに声をかけられた 。










































  th
  th
 あなた 
_@_
 わ 、ててくん ! 
_@_
 久しぶり ㅋ 
  th
  th
 一緒に食べね? 
_@_
 久しぶりだもんね 
 なら私らはそこらで食べてるね 
_@_
 ありがとう! 
  th
  th
 どこ行こっか 
_@_
 やっぱり中庭だよ 
  th
  th
 だよなーっ 
























































   あなたちゃんと仲良くしてるのは

   キムテヒョン 、隣のクラス 。

   あなたちゃんの幼馴染なんだって 。

   あー羨ましい 。











































  jk
  jk
 … 、、  
 じょ 、じょんぐがぁ … 
 顔 、顔 ! 
  jk
  jk
 あ? 
 なんでもないですすみません 





































   あー 、いらいらする 。

   俺に見せない顔 、見せてるんだもん 。

   … 別れ傘でも書いてやろうか ←






























NEXT  ♡ 30