無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13


















































   保健室で

   あなたちゃんに手当してもらった 。












































































  jk
  jk
 …… いっ …  
_@_
 ごっ 、ごめん … 
  jk
  jk
 … 大丈夫 、  
_@_
 … もしかしてだけど 
_@_
 … 情けない 、とか思ってるの? 
  jk
  jk
 … え 
_@_
 … 図星? 
  jk
  jk
 … だって 
  jk
  jk
 … あなたちゃん守ろうとして 
 俺が怪我したし
  jk
  jk
 … ダサいじゃん 
_@_
 なんで? 
_@_
 私はかっこいいと思ったよ 。  
_@_
 代わりに怪我して大変だけど 
_@_
 … ぐぅくんがかっこよく見えた 。  
  jk
  jk
 …… /// 
_@_
 … 耳真っ赤 ㅋ 
  jk
  jk
 だって … 褒められたらそりゃ 、  
_@_
 ありがとね 、ほんと 
_@_
 … 流石ぐぅくん だね 、ㅋ 
  jk
  jk
 なにそれ ㅋㅋ 















































   こんな甘い時間が過ごせるのなら

   毎日仮病であなたちゃんと喋りたい 。





















NEXT