無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8


















































   翌日 、日直があり早く学校へ行くと

   席で寝てるあなたちゃんがいた 。






















































  jk
  jk
 … あなたちゃんだ 、  
































































   寝顔も天使とか何事??

   なんて思いながら黒板を消し 、

   なんでか俺はあなたちゃんの前に座った 。


















































  jk
  jk
  … すき 、 



































































   ( ガラガラガラガラ!!!


































 じょんぐがおはよう!!!! 
  jk
  jk
 … 
_@_
 … ん 、、? 
 … お 、おまっ … 
_@_
 … あれ … ぐぅくん 
_@_
 なんで … そこに ? 
  jk
  jk
 あ 、なんか … なんとなく ? 
 … じょんぐが 、やるじゃん 
  jk
  jk
 うるせーよ 











































   折角2人きりだったのに 。































NEXT