無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

38



















































   家へ戻ると 「 どす 」という音が聞こえた

   何かが倒れた音だ 。

   … まさか ,

























































   リビングへ行くと

   座り込んでるあなたちゃんがいた 。

   どうやら 、鎮痛剤を飲もうとしたらしい 。

   すぐに抱えて椅子に座らせた 。


















































_@_
 … てひょん …… っ 
  jk
  jk
 … え 
_@_
 すき … 
  jk
  jk
 …… っ 、 
















































   なんで 、

   なんであいつの名前を呼ぶの 。




























NEXT