無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

28


















































   放課後 , 先生に呼び出しされ

   話が終わったのは外も暗くなった頃 。

   使われてない教室の前を通った時 ,

   あなたちゃんの泣き声が聞こえた 。











































































_@_
 … っごめ , なさい … 
 ごめんなさい?? ㅋ 
 それで許されると思ってんの? 



































































   これは絶対やばい 。

   そう思って教室に入ろうとすると

   隣から誰かが来て

   俺よりも先に教室に入った 。

























































  th
  th
 あなた!!! 
_@_
 っててくん , ! 
 は? 
 誰?? 
  th
  th
 彼氏だったらなにか? 
 … 彼氏持ちかよくそ 














































   やっぱりそうやって

   俺には見せない顔をあいつには見せて

   甘えれるんだね 。
























NEXT