無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

126
2021/06/20

第5話

4
高専で再会したあと、自由時間に2人で話してるんだけど、

さっきから伏黒くんが不機嫌そう。
九条あなた
伏黒くん、なんで怒ってるの?
伏黒恵
いや、別に
九条あなた
高専のこと黙ってたのはごめんって
伏黒恵
そのことはもういいって言ったでしょ
そのことじゃないってことは、、


何に怒ってるの?!
全くわからないんだけど?!
九条あなた
伏黒くんーーー?
どうにかして聞き出そうと、伏黒くんの顔をのぞき込む。

伏黒くんはちらっとこちらを見ると、すぐ目線を逸らす。



うーん、どうしよう。

せっかく会えたのに、この雰囲気は寂しいな、、
九条あなた
困ったな、
私が小さくため息をつくと、
伏黒恵
…名前
九条あなた
名前?
伏黒恵
なんで五条先生は下の名前なの

まさかの、名前。
伏黒恵
…俺は下の名前で呼んでるのに、あなたはいつまでも名字呼びだし
伏黒恵
なのに五条先生のことは会ってすぐ下の名前で呼んでるし
九条あなた
伏黒恵
えっ
不意打ちが効いたようだ。

伏黒くんは赤くなって、顔をパッと手で隠した。
九条あなた
なんかごめん。
別に伏黒くんのこと下の名前で呼びたくなかったとかじゃないし、悟さんはその時の話の流れでそうなっちゃっただけなんだ。
九条あなた
伏黒くんの好きな呼び方で呼ぶよ、何がいい?
伏黒恵
…やっぱり変えなくていい
九条あなた
え、
伏黒恵
このままでいい
九条あなた
えーー、いいけど
なんだ、そう呟きながら伏黒くんを見ると、

伏黒くんの表情がさっきよりも晴れたように見える。
九条あなた
伏黒くんの気が晴れたみたいでよかった
伏黒恵
…しょうもないことで怒ってごめん
九条あなた
気にしてないから謝らないで、
気が晴れるまで付き合うからさ、何でも話して
伏黒恵
(やっぱりあなたにはかなわないな…)
みんな
(どっちが彼氏?!)
✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿


あなたちゃんの方がいつも上手うわてな伏黒&九条カップルでした!