無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

56
2021/06/29

第12話

11
今日はオフだったので、1年の4人で買い物に来ている。
釘崎野薔薇
じゃ、こっからは別行動ね!あなた行きましょ
九条あなた
うん!じゃあまた!
虎杖悠仁
おう!15:00待ち合わせな!
女子組と男子組で、
分かれて買い物をすることになっている。
九条あなた
じゃあ、またあとで!
伏黒恵
おう
2人と別れて、
野薔薇と服などを見て回る。
釘崎野薔薇
あ〜〜楽しい!あなた、伏黒だけじゃなくて私とももっと遊んでよね!
九条あなた
遊ぶー!!!いつでも誘って
楽しい時間はあっという間。

洋服やコスメなどを一通りみたところで、

待ち合わせの時間が近づいてきた。



少し早めに待ち合わせ場所についた私たち。

野薔薇がトイレに行くと言って店に入っていったので

私が外で待っていると、
あなた?…あなただよな?久しぶり!
九条あなた
凪くん?!
幼稚園と小学生のときの幼なじみがいた。

両親が生きていた頃は、家が近いこともあって
家族ぐるみですごく仲が良かったのだが、

両親が亡くなって、親戚のところに引き取られてからは
全く会えていなかった。
あなた引っ越しちゃってからも元気にしてるか気になってたんだ。連絡先とか分からなかったし…。でもとりあえず元気そうでよかった!
九条あなた
凪くんも元気そう!変わらないね〜
え、そーかな。あなたこそすぐ分かったよ笑
いま東京の高校?
九条あなた
うん
俺も東京!また会えそうだね、
九条あなた
うん。たまにここら辺来るから、また会おう
久しぶりの再会に会話が弾む。
あ、LI〇E交換しよう
九条あなた
そうだね、
LI〇EのQRコードを読み取ろうとすると、肩が当たる。

ごめん、と言ってあわてて離れるが



このタイミングで、
九条あなた
…あ、伏黒くん
伏黒恵
まずい。

とても誤解をうみそうな状況。いつからいたんだろう。

とりあえず幼なじみって説明しなきゃ。
あなたのお友だち?
伏黒恵
…どうも
九条あなた
あ、その、幼なじみなんだ!
さっきそこで会って!
虎杖悠仁
おっす!はじめまして!
あなたの幼なじみ?かっけー!
はじめまして、海野凪といいます
野薔薇も帰ってきた。
釘崎野薔薇
え、なに誰このイケメン
虎杖悠仁
あなたの幼なじみだって!
釘崎野薔薇
へー、伏黒の10倍かっこいいじゃない
野薔薇、、余計なことを、、
今日は会えてよかった!楽しくやってるみたいで安心したよ、また連絡する。バイバイ!
九条あなた
うん、じゃあまた、
凪くんは私たちの様子を見て気を使ってくれたのか、

ペコッと一礼して、去っていった。
釘崎野薔薇
…で?なにあのイケメン。
九条あなた
幼なじみ。
久しぶりに会ってさ
虎杖悠仁
めっちゃ偶然!よかったじゃん!
九条あなた
うん
凪くんに会えたのはよかったのだが、

明らかに伏黒くんはご機嫌ななめ。
九条あなた
…あの、伏黒くん、気にしてる?
伏黒恵
別に
絶対気にしてるな。


伏黒くんはすっと私から離れて、

虎杖くんのところへ行ってしまった。
釘崎野薔薇
めんどくさい奴ね、あなたどうすんの
九条あなた
帰ってちゃんと話すよ、今は私と話したくないみたいだし。
幼なじみとの再会を見られただけとはいえ、

伏黒くんに嫌な思いをさせてしまったのは事実。

どうやって機嫌を直してもらおうかな。