無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

旅行 (AAA✖️You)
初めに…

あなたはAAAに新しく入ってきた愛されキャラとして覚えてください🙏

あなたside

今日は私がAAAに入ってちょうど3年!
だから今日はメンバー揃って旅行!
本当に楽しみすぎて昨日寝れなかったんだよね(笑)
なのに、集合1時間前に着いちゃった(笑)


コンコン
『失礼します。』
スタッフさんの中では1番仲のいい、ことこちゃん
((名前あり‪笑
AAAみんなに信頼されてる
メンバーみたいにみんなと仲がいい
1つ年上のお姉ちゃんみたいな存在でとても気が合う。プライベートでも宇野ちゃん、ことこちゃん、ちあちゃん、私でご飯行ったりする仲
『あなたちゃん、来るの早いね』
「あ、ことこちゃん」
ギュー
『ん、ギュー』
私がギュッてハグしたら優しくギューしてくれることこちゃん

「楽しみすぎて早く来ちゃった」

「今、1人で寂しかったから嬉しい」

『だと思って、飲み物とお菓子持ってきたよ?
みんなが来るまでお話しよっか?』
「さすがことこちゃん!!お話するする!」
その後、話がめっちゃ盛り上がって時間がすぐ過ぎた

宇)あなた!ことこ!おはよ〜!
「『宇野ちゃんん!!』」
宇)ふふ、どうして2人で私にギューってしてるの?笑

「『宇野ちゃん好きだもんねぇ?』」
宇)2人とも息合いすぎね‪笑

伊)おっはよー!
「『あっ!ちあちゃんじゃん!!』」
ギュー
宇)ギューしすぎ笑

「『だってー、、!』」

與)おはよー!何でこんな騒がしいん?

『真ちゃん!』
真ちゃんに駆け寄る
ヨシヨシ
頭をなでなでしてくれる真ちゃん

與)今日もあなたは可愛ええな♡

宇)語尾にハートが見えるなぁ?ニヤニヤしすぎな?
伊)それな?真ちゃんニヤニヤしすぎ

與)別にええやん!!ニヤニヤなんかしてないし。

宇)嘘つかなくていいよ?笑
與)うるさい!

與)あ!ことこちゃんもおるやん!ほんまいつ見ても美人やわ!

『しんちゃんありがと///』
「あ、ことこちゃん照れてる」
ツンツン
「はっ、照れてないし!」
與)ほんま二人とも可愛いな
宇)こんなん言ってる間に集合時間すぎてる!

ガチャ
浦)あ、ごめん!隣の部屋で打ち合わせしてて遅れた
西・日・末)おっはよー!
浦)のんびり来すぎ!もう時間すぎてるから
末)うっそー?あと30分あるやん?
浦)いや、時間間違えてる…。10分遅れてるから、
西・末・日)ごめんなさい!!
西)いやー、朝から癒し〜!あなたもおるし、それもことこちゃんもおる!
「にっし!朝から遅れてるんだよ!!反省しないと!」
西)怒ってる顔も可愛い🤤
『ねぇ!にっしー聞いてるのに何その態度!!………ウッ』
末)うわぁーにっしーあなた泣かしたー!
西)え、え?こんな事でなく?
『宇野ちゃんん、ウゥ、グスッ』
宇)あなた大丈夫??
西)あなたゴメンな?
「いやっ、!許さない!あなたのことからかったもん!」
日)うわ、西島最悪、最低や、
西)あなたごめんって…
「ふんっ!」


『あ!もうそろそろ仕事モード入らないと先輩に怒られる💦』


スタッフ)そろそろ出発しまーす!準備してくださいー!

にっしー絶対に許さないんだから!

「あ、そういえばことこちゃんも行く!?行くよね!?」
『ん、行くよ?』
「やったぁ!!」
宇野side
さっきの感情はどこいったのやら…笑
ほんとに妹みたい、
宇)かわいっ ((ボソッ






新しいお話入りマース。いや駄作…
AAAに入った感じで読んでみてください!気に入った方はお気に入り登録、いいね、フォローよろしくお願いいたします。
ことこちゃん結構出てきます。笑
Nissyとあなたちゃん、仲直りするのかなー?
素直にあなたちゃんになりたい(黙
ではまた〜🥰