無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

AAA✖️You
misako side

さっきから落ち込み気味なにっしー…笑
あなたは絶対に許そうとしないみたい。笑
そんな怒ることかなー、?笑
あなたは大袈裟な事じゃなくてもすぐ怒っちゃう笑 にっしーどうすんのかなー?


浦)もうそろそろ行くよー!
メンバー)はーい!

スタッフ)バス、用意したんで裏からまわって乗ってくださいね!

「はい!!」((あ、これあなたです。

すんごく元気のいいあなた、そんなに楽しみなんだね笑

與)あ、そういえばさ、今日ってどこ行くん?
宇)え、ほんとだ、聞いてない‪

スタッフ)今日行くところは、USJです!

「え、えぇ!!やったぁ!!」

末)そんな所連れてってくれんのー?笑

與)千晃、一緒に乗ろーや!

伊)いいよ、//

日)なにそこイチャイチャしてるん!!與!千晃は俺のものや!!

伊)だっちゃん、ありがとっ、

日)っ//

末)お前だって照れてるやん!笑 耳赤いぞ〜!


日)っは?照れてないし!
末)嘘つくの下手やなー笑
日)うっさ!

宇)はいそこー!黙ってー

宇)ねぇあなた??私とあなた放ったらかしだねぇ〜…
「ほんと!!あなたと宇野ちゃんは好きじゃない…?」

與)好きに決まってるやん!あなた、めっちゃ大好きやで??な、?ギューってしよ?

「真ちゃん、ありがと、ぎゅーする」

宇)いや、私は?笑

與)みちゃこも好きやで!

日)宇野ちゃん嫉妬してるん?笑俺がギューってしたるわ!!笑

宇)結構です。

與)あ、俺にハグしてもらいたかったん??いっぱいしたるで笑

宇)結構です。



西)はぁ………((小声

にっしー落ち込みすぎ笑
まだあのこと残ってるの笑



あなたの耳元で
宇)あなた?もうにっしーのこと許してあげたら…?

「まだ嫌っ!」
宇)ふーん、わかった、


今回の旅行にっしー楽しめなさそうだなー……笑





ちあちゃんと與さん、いい感じッ!
付き合っちゃおーよ!((黙
ちあちゃんと與さんのペア(しんちあ)めっちゃ好きだったんですよ笑((は
あなたちゃん頑固ねー
次こそは旅行行かないと笑

では次のお話で