無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

目立たない俺に告げられたこと
呼び出されてたどり着いたのは、職員室だった。


わざわざ授業を抜けさせる程の大事なのか、そう思った。

だが、いくら考えても俺は職員室に呼び出されるような事をしでかした心当たりがなかった。


俺なんかしたっけ、と考えたが何も思い浮かばない。俺は様々なパターンを想像した。


怒られるようなことは?いや逆に褒められるようなことは?いや特に悪いことも良いことも
なんもしてねぇ。

実際、俺は何もしてこなかった。
クラスや学校の役員になる訳でも、部活動で活躍する訳でも、かといって校外で活動する訳でもなくて、本当に何もしてこなかった。

ただ空気のように過ごしてきた。

学校生活で目立つような事は全くしていないから、きっと卒業して同窓会なんかする頃には、クラスメイトも先生も誰も俺の事なんて覚えていないだろう、そんな自信があるくらいなんの取り柄もない、どこにでもいるような平凡な人間だった。

そんな俺がどうして呼び出されているのか。
何があったのか。

そんなことを考えていると担任は

後ろを着いてきた俺の方を振り返り、俺の二の腕をがっしりと掴んだ。

担任は、俺に伝えにくい様子で、まるで呼吸を止めて苦しそうな、話せば何かが起こるから躊躇しているような、「ドラマを見ていて目が離せない」とでも言うくらいにじっと俺を見つめてくる。
そんな時間がとてつもなく長く感じた。

そして俺の二の腕を掴む力がギュッと強くなった。


そうしてやっと口を開き、息を吸い込んだ。

その一連の動きが俺にも分かるくらいゆっくりと。

















「宮本、落ち着いて聞きなさい。君のお父さんが亡くなった。」────────────

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りょくちゃ
りょくちゃ
学生です 2年ほど前に学校で作文した時に小説ジャンルで受賞し、市内の文集に掲載されたのがきっかけで小説に興味をもちました。 趣味程度で書いています。 ハピエン、シリアス、ミステリー、サスペンス、恋愛、BL、GL、アニメ(少しですが)など色々読むので、様々なジャンルを書いていけたらいいなと思います。 アドバイス、感想などコメントして頂けると非常に喜びます笑 誤字脱字、言葉の使い方が間違っている、批判的なご意見でもコメントして頂ければ幸いです。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る