無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話




*************************************************************
巫結斗
中峰‼
そう呼び止めたけど、届かなかった。


「味方」なんて約束したけど、中峰はななだけ連れて行ってしまった。

巫結斗
槙、俺たちも行こう
こんな空間、今すぐ抜け出したい。


本当は、君に連れ出してほしかった。
皆木槙
……うん
俺たちの他にも、理科室を出る人がいた。


とにかく、人が少ない場所がいい。


俺と槙は、4階まで行って6の2の教室に入った。
皆木槙
中峰とななは…
巫結斗
その話しないで
皆木槙
……ごめん
俺は、中峰が好きだ。


けど、中峰がななを好きなことくらい知っている。


ななも……中峰のことが好きなんだ。


お互い初恋らしい。
巫結斗
しょうがないか。あいつら、両想いなんだから
俺は、大げさに笑って、床に寝転ぶ。


変わり果てた教室。


俺たちが過ごした形跡なんて、何もなかったように。
皆木槙
中峰、なぎちゃんのことも好きだと思うよ?
巫結斗
……だったらいいのになー
槙は、空気が読めないけど、一緒にいて面白い。


「親友」といっていいかもしれない。


俺の気持ちを知っているのは、槙だけだ。


俺と、ななと、槙でグループって感じだけど、ななには言っていない。


友達だけど……悔しいから。
巫結斗
ていうか
近くのロッカーを借りて起き上がる。
巫結斗
なぎちゃんって呼ぶのやめない?
皆木槙
何で?可愛いじゃん
巫結斗
お前も、なぎちゃんだよ?
皆木槙
そうなの?
巫結斗
皆木の“なぎ”だよ
槙は、なるほど!と目を輝かせた。
巫結斗
お前と話すのも久しぶりだなー
皆木槙
3人綺麗に離れたからねー
巫結斗
1学期はお前のこと恨んだよ
皆木槙
あー、中峰?
巫結斗
うん
皆木槙
中峰、毎日6の2がぁ~って、言ってるよ
巫結斗
確かに、楽しかったよな
巫結斗
けど、なんでこんなことになってるんだろう。
誰がやってるんだろ?
皆木槙
まるで、俺らに仲間割れさせたいみたいだよね
巫結斗
仲間ねぇー
こんなところにいても、ダメだ。


時刻は6時45分。中学を出てから、3時間近くたった。


確か、日付が変わるまでに、決断しないといけない。


銃が本物だと分かった以上……


巫結斗
よし!2人を探そう!
皆木槙
2人って?
槙が、ニヤリと笑いながらこっちを見る。


分かってて、聞いてるな。


それでも、言葉にして言った。









巫結斗
中峰とななだよ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

芽実🌱休止中
芽実🌱休止中
芽実🌱です! 小説書いてます(*^^)v 語彙力ないですが、読んでもらえると喜びます😊 名前だけでも覚えていってね✨ ー連載中ー 人狼ゲーム パラレル・ヴァンパイア ー完結ー 3等分 人狼ゲームアナザー ーその他ー 芽実🌱と申します コメント、お気に入り、💕待ってます!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る