無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

エゴ
私たちが着く頃には、すでに数人集まっていた。
中峰光
中峰光
ごめん、ごめん
一ノ瀬恵
……ていうか、さっきの放送何なの?
中峰光
中峰光
それは、みんな集まってから…
理科室とプレートの付いた鍵を鍵穴に入れるけど、上手く入らない。
小倉陽葵
……光ちゃんってこんな不器用?笑
藤堂七瀬
ちょっと、貸して?笑
藤堂君に鍵を渡すと、すぐに開いた。


……そう言えば、藤堂君とも久しぶりに話したなぁ。
横山景
これは、中峰とななが一緒に目覚めたのかな?
後ろで、景がにこにこしながら言う。


だから、何であんたが知ってるんだよ。


なんかいつも、ネタにしてくるし。
中峰光
中峰光
違うけど?
私はわざとらしく景を睨んで、理科室へ入る。



椎名桃香
久しぶり~
横山景
俺、フラスコ割ったなぁ~
小倉陽葵
そうそう、懐かしいね
殺し合いとか言われててもここまでふわふわできるのも、私たちのパワーだ。


皆、机にのった椅子を下ろして、残りのメンバーを待つ。






中峰光
中峰光
このスマホも何なんだろうねー
去年のグループで机を囲んだ私たちは、各自のスマホを見ていた。


小学校に制服でスマホっていうのも、違和感がすごい。
椎名桃香
……何で桜庭の子が私に賭けてるんだろ
中峰光
中峰光
学級委員だからでしょ
小倉陽葵
え、桃香ちゃんまた学級委員なの?
中峰光
中峰光
そう、で、パートナーは?
椎名桃香
涼太です
桃香と涼太は、2年連続一緒に学級委員。


陽葵、恵、柚香、彩夏が笑う。


この雰囲気も、懐かしい。






榎本聖也
皆、本当に集まってたんだ
西馬勝
もしかして、俺たちが最後?
渡辺愛子
うん
星亘
ごめん、ごめん
「サッカー軍」は、私たちの放送から、大体20分後に来た。


謝りながら3人は、奥のテーブルを囲んだ。
真島幹太
じゃあ、皆集まったところで
真島幹太
さっきの放送は何?
宗像翔矢
放送してたの誰だっけ?
中峰光
中峰光
はい
控えめに手を挙げた。


巫君も、藤堂君も。
椎名桃香
あれって、どういうこと?
皆が賛成してくれるかは分からない。


でも、言わなければ、何も始まらない。
中峰光
中峰光
提案したのは私。
私は6年2組で全員で、勝ちたいって思ったからあの放送をした
加藤来未
これはクラス対抗だから、3クラス全員の人がいれば、
納得してもらえるって思ったわけ?
巫結斗
うん
真島幹太
なるほど。確かに俺も、結斗がいるから行こうと思った
佐伯綴
クラスメイトは絶対に味方……か…
和田明仁
それでも、考えが違えば意味ないよ

真面目なトーンで言ったのは、3組の和田だった。
椎名桃香
どういうこと?
和田明仁
僕は、1年3組に好きな人がいる。
ここにはいない人だから
中峰光
中峰光
だから、6の2で勝つ選択をしたらその子が死ぬかもしれない?
和田明仁
そう。僕に賭けてくれてるんだし
相良一貴
え⁉マジで?
西馬勝
ていうか、お前好きな人いたんだ
榎本聖也
え、誰誰?
榎本は和田の近くに行って、耳に手を当てた。
和田明仁
…言わないよ
中峰光
中峰光
うーん。正直、今のクラスで勝ちたいって人どれくらいいる?
ボチボチと手が上がる。
中峰光
中峰光
和田と、御影と、榎本と、宗像と、佐伯と、莉子と、彩夏って……圧倒的2組……
さすが…っていうか、クラスの違いを実感した。


1組は1人も手を挙げていない。
真島幹太
でも、選択の限りでは、絶対自分が生きられるんだよね?
小倉陽葵
そもそも、どうやって殺し合いにつながるの?
野崎悠生
和田とか……俺も
野崎悠生
命を懸けてでも、守りたい人がいる……
映画のワンシーンみたいなセリフに、全員が注目する。
西馬勝
……お前もかよ
野崎は小さく舌打ちした。
野崎悠生
女じゃねぇよ
野崎悠生
戸田聡介。助けてくれたんだ
戸田?あの戸田聡介が?


私に賭けている彼と、野崎。


確かによく話していた。
野崎悠生
俺、5年の時、いろいろやられてたんだけど……
あいつのおかげで立ち直れた
野崎悠生
いつか、絶対返すって約束したけど、あいつは俺に賭けてくれなかった
申し訳ない気持ちになった。


私と戸田に何の繋がりもない。
宗像翔矢
……だから殺し合いになるのか
宗像翔矢
それぞれに守りたい人がいるから、自分のエゴを通そうとする


それで、ゲームが成り立つんだ。


西馬は、ため息をつく。
西馬勝
野崎のは分かったけど、和田。
お前はただの片思いだから、諦めろ。
多数決で、こっちの勝ちだ
彼も6の2への思い入れが強い方だ。


もしかしたらこの中に、好きな人でもいるのかもしれない。


和田は、顔を真っ赤にした。
和田明仁
ただの片思いって何だ!
お前には僕のこと何も分からないくせに‼



……ダメだ。こんなところで喧嘩をしても、何にもならない。

中峰光
中峰光
和田!落ち着きなって!
和田明仁
うるさい!
中峰光
中峰光
……え…?

























和田は、銃を西馬の方へ突き出していた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

芽実🌱休止中
芽実🌱休止中
芽実🌱です! 小説書いてます(*^^)v 語彙力ないですが、読んでもらえると喜びます😊 名前だけでも覚えていってね✨ ー連載中ー 人狼ゲーム パラレル・ヴァンパイア ー完結ー 3等分 人狼ゲームアナザー ーその他ー 芽実🌱と申します コメント、お気に入り、💕待ってます!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る