無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ルール

―――殺し合いの始まりです……?


は?


何言ってんの?


読み間違い…なわけないんだけど、画面をよく見ていると、


画面が変わった。




             ルール

元6年2組の皆さんには、これから殺し合いをしてもらいます。

これは、クラス対抗となります。

ゲームは、日付が変わると終わります。

その時に、生き残っている人が多いクラスの勝ちです。

他の2クラスは、死にます。

また、賭けている相手が死ぬと、クラスメイトも死にます。

ただし、6年2組全員が生き残る方法があります。

それは、全員が画面右端の「GAME SET」ボタンを押すことです。

その場合、他のクラスメイトは死にます。

また、殺し合いが行われなかった場合、1年生全員が死にます。






……死にます、死にます、死にます……


何なのこれ⁉



また画面が変わった。


画面の右上に、「貴方に賭けている人は6人います」と表示されている。


これって、もしかして、先生が配ってた紙のやつ?


先生もグル?


ドッキリ…にしては、設定がめんどくさいよね。


もう一度、スマホを見ると、ビデオ通話のボタンがあった。


よく分からないけど押してみる。



―――6人の名前。


きっと、私に賭けた、6人だ。


一番上に表示された「戸田聡介」を押す。




―――プルルルル、プルルルル





中峰光
中峰光
うわっ、繋がった
戸田聡介
📞中峰?
戸田聡介
📞ねぇ、これ何なの?
中峰光
中峰光
📞…こっちが聞きたいんだけど
戸田聡介
📞ちょっと前に体育館に連れてこられて、1人1人スマホ渡されて
中峰光
中峰光
📞こっちも、新品のスマホ
戸田聡介
📞で、先生たちいなくて、体育館から出られないようになってんの
中峰光
中峰光
📞は?そっち、中じゃないの?
戸田聡介
📞そうなんだけど、出らんねぇんだよ。
 今、山本たちが2階行ってるけど、多分無理だと思う
中峰光
中峰光
📞ルールは知ってる?
戸田聡介
📞ああ。さっき、モニターが自動再生してたよ
中峰光
中峰光
📞ねぇ、私どうすればいい?
 ナイフとか入ってたんだけど
戸田聡介
📞まずは、様子を見ておけ。
 でも、絶対殺されるんじゃねぇぞ。俺らも、死ぬかもしれねぇんだから
中峰光
中峰光
📞……分かった。なんかあったら、また連絡する
戸田聡介
📞おう
通話を終了した。


画面越しの戸田の顔は、結構青ざめていた。


彼も、本当は怖いのかもしれない。


そして、体育館中が騒がしかった。1年生が、集められているんだ。


ホーム画面に戻った、スマホの「ルール」ボタンを押す。


すると、さっきのルールが表示された。
中峰光
中峰光
……
気を付けるのは、殺されないこと。


後は、1組を探せばいいんだ。


1組の9人は、絶対に仲間だ。


よし―――。


私は、銃とスマホをバッグにしまった。


絶対、殺しなんてしないけど、万が一のためにナイフは持っておこう。


今いるのは、H方の校舎の出っ張っているところだ。
      





















巫結斗
……え
角の所で、反対側からきた彼とぶつかった。


彼は…巫君は、私を確認すると、勢いよく逃げ出した。
中峰光
中峰光
……待って‼




























お互い、同じ気持ちなはずだ。


クラスメイト以外は信じられないって。


でも、彼なら味方だと思った。


あの日も一緒に、笑いあったから。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

芽実🌱休止中
芽実🌱休止中
芽実🌱です! 小説書いてます(*^^)v 語彙力ないですが、読んでもらえると喜びます😊 名前だけでも覚えていってね✨ ー連載中ー 人狼ゲーム パラレル・ヴァンパイア ー完結ー 3等分 人狼ゲームアナザー ーその他ー 芽実🌱と申します コメント、お気に入り、💕待ってます!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る