無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

71
2021/06/13

第3話

ホウカゴ
あ〜全然授業に集中出来なかった、、、



あの男の人が頭にずーっと居て




先生「おいキム起きろ!」


いや起きてます先生
ぼーっとしてただけです先生



あ、ちなみにあなたちゃんは苗字キムです




何も頭に入ってこなかった今日の学校ももう放課後になっていた


私はいつも通り1人で帰ろうとすると
🐰
🐰
あ、いたいたㅎ




でた



どうして私のところに来るの?
you
you
私もう帰るので
you
you
さよなら
教室を出ようと急ぎ足でドアに向かうと





バンッ



you
you
ビクッ、、
🐰
🐰
なーに1人で帰ろうとしてんの?
you
you
、、、、はい、、?



謎の壁ドン状態、、、


私なんかしたっけ?
🐰
🐰
一緒に帰ろうよ
you
you
いやです、、
🐰
🐰
いやだって言っても無理ㅎㅎ



そしていくら言っても諦めてくれず無理やりではあるが一緒に帰ることになった









、、、






いや気まずい!
この沈黙は家に着くまで続くのか、、、


無理!なんか話さないと!
you
you
、、、あの
you
you
名前なんて言うんですか?
🐰
🐰
チョンジョングク
長いな←
🐰
🐰
君は?
you
you
キムあなたです
🐰
🐰
名前は可愛いんだねㅎ



名前"は"って、、、
あなたちゃん顔だって可愛いんだからな!!

you
you
あなたは名前長いですねㅎ
you
you
名前呼びたくなくなっちゃいますㅎ
ちょっと煽ってみた



するとチョンさんは
🐰
🐰
グクでいいよ
you
you
、、っ//


耳元で言われ顔が赤くなっていくのが自分でも分かる



あーもう!なんなの!
🐰
🐰
ㅎㅎㅎ
そんな会話をしていると家に着いていた









もうちょっと話したかったななんて思ったのは秘密にしておく____