無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

初めてのカンチガイ
俺が悪いんだ___
俺、前に有紗に告白されたんだ。

だけど好きな人がいるから断ったの。

そんでしばらくして忘れかけてた頃にあいつ(有紗)が

"私まだ諦めてないから。
あと、快斗の好きな人調べたら分かったからその人に意地悪しちゃうかもね。
それでもいいの?それが嫌なら私と付き合ってよ。”

もちろん断った。

そしたらあいつ急にキスしやがって、、そこに愛佳が…
早坂夏実 ハヤサカナツミ
何なの??!!え、じゃあ今愛佳は勘違いして光輝に付いてってるってこと?
藤堂快斗 トウドウカイト
ん、そういうことになるね。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
なんで落ち着いてんの!!!
取り返しに行かなくていいの!?
誤解も解かないと
藤堂快斗 トウドウカイト
俺にそんなこと…言い訳なんて言う資格ないから。
_______________

その頃 愛佳達 は
服部光輝 ハットリコウキ
どうしたんだよ??何があったの?
グスッグスッ
服部光輝 ハットリコウキ
んー、もう!泣いてばっかじゃわかんない!
深呼吸してみて
坂井愛佳 サカイマナカ
コクッ
坂井愛佳 サカイマナカ
スーハースーハースーハースーハーヒッグスーハースーハー
服部光輝 ハットリコウキ
途中にしゃっくり入れるなよ笑
服部光輝 ハットリコウキ
喋れそう?
坂井愛佳 サカイマナカ
うん…
坂井愛佳 サカイマナカ
あのね、今日朝珍しく早起き出来たから…学校に30分早く行こうと思ったの。それっ、でハイテンションで教室のドア開けたら…その、快斗と有紗が…キス、してたの
服部光輝 ハットリコウキ
はいいいい?え、ちょっと待って、え?
光輝は快斗と仲が良かった。

この前行った研修旅行も2人は同じ班だった。


夜に定番の恋バナをしたのだ。

その時快斗の好きな人は愛佳だった。

その後もずっと光輝は快斗の相談に乗っていたから余計に驚いた。
坂井愛佳 サカイマナカ
きっと快斗の好きな人は有紗なんだよね。
やっと分かったよ。
愛佳も快斗が好きなんだってことに光輝は気づいた。
光輝は

"どうすればいいんだよ…”