無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

初めての___
坂井愛佳 サカイマナカ
あと1か月かぁ〜
愛佳は機嫌がよかった。


教室に入るまでは…ね





今日は珍しく早起き出来たから学校も30分早く来ていた。

それが間違いだった、のかな



ガラッ
坂井愛佳 サカイマナカ
おーはよー…
勢いよく開けたドアの先には

信じがたい光景が




快斗と有紗が…キス…していたのだ___
坂井愛佳 サカイマナカ
ぁ…
藤堂快斗 トウドウカイト
なにしてんだよ有紗!!!
バッ
藤堂快斗 トウドウカイト
!!!愛佳…
こんなの見てられなかった。


愛佳は教室から飛び出した。
坂井愛佳 サカイマナカ
はぁっはぁっはぁっ
早坂夏実 ハヤサカナツミ
愛佳!?どうしたの??
坂井愛佳 サカイマナカ
は、なし、てっ
愛佳は涙を堪えていた
遠くからは

"愛佳っ愛佳ー!!!”

夏実ではない、男の声がした
だれ、誰なの??快斗なら会いたくないっ
必死に走った。



愛佳は足が速いが男子には勝てなかった。
"待てよ!”
そう声がかかった瞬間、愛佳の体が傾いた
わっ…
"捕まえた。”
振り向くと___