無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

___
"どうすればいいんだよ。”
服部光輝 ハットリコウキ
とりあえず落ち着いたし教室戻ろ?
気づくともう8:00になっていた。
坂井愛佳 サカイマナカ
うん、ごめんね…笑
放課後

夏実は有紗に物申してやろうと呼び出していた。

誰もいない屋上。

風の音だけが響いている。


静かすぎて怖いくらいだ。

にしても有紗遅いなー…




ガチャ
澤部有紗 サワベアリサ
ごめんごめん。遅くなっちゃった笑
SHRなかなか終わんなくって
早坂夏実 ハヤサカナツミ
あ、あのさ、
やばいいざとなると怖いな、
早坂夏実 ハヤサカナツミ
今日の英語の単語テストどうだった〜?汗
澤部有紗 サワベアリサ
…別に満点だったけど。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
す、すごいねっ!
澤部有紗 サワベアリサ
夏実そんな雑談するために呼び出したんじゃないでしょ?
あ、やっぱバレた
早坂夏実 ハヤサカナツミ
う、うん
早坂夏実 ハヤサカナツミ
あのさ、なんで朝あんなことしてたの?
澤部有紗 サワベアリサ
あー、キス?
なっ、よくもそんな言いづらいことをさらっと!
澤部有紗 サワベアリサ
何でって好きだから。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
嫌がってたのに?
澤部有紗 サワベアリサ
だって前にも快斗に注意したもん。
付き合ってくれなきゃ愛佳に意地悪しちゃうよって。
でもね快斗は別にいいって。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
それは愛佳がほんとに大事だからそういったんでしょ、
澤部有紗 サワベアリサ
でもねキスしようと思ったのは今朝だよ。急に思いついたの。
は…?意味わかんない
澤部有紗 サワベアリサ
学校に行こうと思って家出たら少し先に愛佳いたの。その時に"あ、先回りして学校行けば最初に快斗に会える!それに愛佳が教室来るタイミングと合わせてキスとかそーゆーとこすればいいんじゃないか”ってね
こいつはあざといというか、最低だな
早坂夏実 ハヤサカナツミ
はー、
澤部有紗 サワベアリサ
呆れすぎて何も言えないって言おうとしたでしょ笑
何なんだこいつは。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
ほんとに、なんも言えないよ。
いや、ほんとに
澤部有紗 サワベアリサ
ねぇ、私そんな暇じゃないんだ。もう話ないなら帰っていい?
早坂夏実 ハヤサカナツミ
まって、
早坂夏実 ハヤサカナツミ
快斗の好きな人しってる?
澤部有紗 サワベアリサ
知ってるよ。愛佳でしょ。だからいじろうとしてんじゃん。
あ、そうだった

にしてもこいつほんとに話し方うざいな
早坂夏実 ハヤサカナツミ
なんで諦めないの??
澤部有紗 サワベアリサ
好きだからに決まってんじゃん。
相手に好きな人がいても力尽くでも奪い取りたいくらい、好きだから。
澤部有紗 サワベアリサ
じゃあね。
はぁー…