無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

初めての恋
恋をしたのは半年くらい前___
坂井愛佳 サカイマナカ
あーあ、夏休み終わっちゃった。
早坂夏実 ハヤサカナツミ
もう、朝からそんなだるそうにしないでよ〜
坂井愛佳 サカイマナカ
だってぇ…
早坂夏実 ハヤサカナツミ
んー、あ!席替えがあるから!
坂井愛佳 サカイマナカ
まじで!?なら少し行く気になる笑
そんなくだらない話をしていた時
うわぁぁあ!
坂井愛佳 サカイマナカ
ん?
愛佳がそっちを向くと…

どん!がっしゃーん。

人がぶつかった音とガラスの割れた音が響いた。

"すいません大丈夫ですか!?”
坂井愛佳 サカイマナカ
ったぁ、、
藤堂快斗 トウドウカイト
あれ、愛佳?
坂井愛佳 サカイマナカ
快斗じゃん。
てか、理科の実験道具、割れてる
藤堂快斗 トウドウカイト
ああ、先生に怒られる…
いやいやそれより愛佳怪我ない?
藤堂快斗 トウドウカイト
あ!
え?何 そう聞こうとした瞬間、愛佳は倒れた。

遠くからは

"愛佳!愛佳ー!”

"結構血出てるよ”

"先生呼ばなきゃ!”

そんな声が聞こえてくる。



ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

坂井愛佳 サカイマナカ
わ、(起きた)
早坂夏実 ハヤサカナツミ
愛佳大丈夫??
坂井愛佳 サカイマナカ
う、うん
藤堂快斗 トウドウカイト
ごめんな怪我させて…
えっと、私は歩いてたら快斗とぶつかって…倒れたんだっけ?
早坂夏実 ハヤサカナツミ
快斗さっきかっこよかったんだよ〜
坂井愛佳 サカイマナカ
え?そうなの??
早坂夏実 ハヤサカナツミ
そうそう、倒れた愛佳を軽々とお姫様抱っこするんだもん笑
坂井愛佳 サカイマナカ
ええ!?
私またもや気を失いそうです。
坂井愛佳 サカイマナカ
でも、快斗私よりも小さくなかったっけ?
藤堂快斗 トウドウカイト
…小学校の頃はね??
でもいまは中学生だよ、成長くらいするから。
俺これでも男なんで。
快斗はベッドに愛佳を押し付けそう言った。

確かに快斗をよく見ると私よりも手は大きいし肩幅も広かった。



怒られたのになんでだろ、きゅんとした私がいた。

早坂夏実 ハヤサカナツミ
ちょ、ちょっと快斗…
藤堂快斗 トウドウカイト
あ、おう、ごめん
坂井愛佳 サカイマナカ
う、ううん。
この時私は初めて、快斗を異性として意識した。


初めて恋をした。