無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第5話.。見つけた
小嶋 楓
小嶋 楓
と、いうことで!
今回は私の頼れる後輩くんに来てもらいました!!





1週間、楓の知り合いを中心に色々探してみたがヒントすら見つからなかった。




後輩くん
後輩くん
どうも!!楓さんの後輩です!!
織田 明日花
織田 明日花
な、なんの、?
後輩くん
後輩くん
部活ですよ部活!!
放送部!
織田 明日花
織田 明日花
あー、





彼は楓が部長を務める放送部の後輩のようだ。




どうやら彼は情報収集が得意らしい。




後輩くん
後輩くん
で、えーっと、
織田 明日花
織田 明日花
織田です。
後輩くん
後輩くん
あ、織田さん!!
その、写真!見せてもらってもいいですか?
織田 明日花
織田 明日花
あ、はい。


私は彼に写真を渡した。




彼は少し、、15秒くらいその写真を眺め、

後輩くん
後輩くん
弟可愛いですね!


と、何故か弟を褒めた。



私も写ってるんですけど。


織田 明日花
織田 明日花
で、なにかわかりますか?
後輩くん
後輩くん
んんんん、この首元にほくろがあるように見えるんですけど
小嶋 楓
小嶋 楓
え、どれどれ?
織田 明日花
織田 明日花
よく見えるね、





確かに、写真の弟の首元に黒い点が見える。




後輩くん
後輩くん
多分首元にほくろがある人が、先輩の弟さんです!!!
織田 明日花
織田 明日花
お、おおお





一歩前進、、かな。