無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第4話.。ウィンクきめた。
織田 明日花
織田 明日花
名前。覚えてないんだよね。
小嶋 楓
小嶋 楓
それはそれは、、
まぁ覚えてなくてもおかしくはないかぁ。
織田 明日花
織田 明日花
うん。
小嶋 楓
小嶋 楓
写真とかないの?
織田 明日花
織田 明日花
家族写真が、、1枚だけ。
小嶋 楓
小嶋 楓
それがあれば何とかなるんじゃない?
織田 明日花
織田 明日花
いやいやいやいや、うちの学年何人いると思ってんの?
小嶋 楓
小嶋 楓
200人ですね!!




楓がお得意のウィンクを決める。




織田 明日花
織田 明日花
無理でしょ、
小嶋 楓
小嶋 楓
い~~や!!!ぜっっったいいける!!
織田 明日花
織田 明日花
なんで
小嶋 楓
小嶋 楓
私人脈広いし!?
織田 明日花
織田 明日花
そうなの?




そう言えば彼女は友達が多い。私に較べて。




小嶋 楓
小嶋 楓
もちのろんです!放送部部長を舐めないでください!
2年生で部長ですよ!?
3年生の知り合いもいっぱいいますし、
1年生の知り合いも沢山います!
織田 明日花
織田 明日花
他学年の知り合い関係なくない?
小嶋 楓
小嶋 楓
必要あるよ!!!!
弟くん部活に所属してるかも知れないじゃん!
織田 明日花
織田 明日花
なるほど、、、楓、頭いいね。
小嶋 楓
小嶋 楓
なんか学年3位の明日花に言われると嬉しい、、!!!!!







そうして楓と一緒に私の弟探しが始まった。