無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第0話.。見かけた
それは授業参観の日のことだった










織田 明日花
織田 明日花
あれ、、?あの人、どこかで見たことあるような、、












懐かしいような気分になる 。









小嶋 楓
小嶋 楓
ちょっと?なにぼーっとしてるの?
また考え事?
織田 明日花
織田 明日花
あ、ごめんごめん(笑)
小嶋 楓
小嶋 楓
考え事するのはいいけどまた柱にぶつからないようにね?
織田 明日花
織田 明日花
あの時のことは忘れてよ~!?






クラスメイトであり友達の楓に声をかけられ我に返る。

















と、同時にその人を見失ってしまった。