無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第1話.。気づいた
織田 明日花
織田 明日花
ただいま。
おかえりなさい。
織田 明日花
織田 明日花
あれ、お母さん今日は早かったね?
ええ、仕事が早く終わったの
織田 明日花
織田 明日花
ふぅん。
明日花今日バイトは?
織田 明日花
織田 明日花
今日は休み




私は母と2人で暮らしている。









小学校1年生の時に父と母が大喧嘩をし、離婚したのだ。






私には双子の弟もいたがその離婚によって別れてしまった。




父と弟の名前は、、、













織田 明日花
織田 明日花
なんだったっけ?
何か言った?
織田 明日花
織田 明日花
ううん!独り言









なんで忘れてしまったのだろうか。














そんな風に考えながら自分の部屋に入り、

母にバレないよう隠してあった1枚しかない家族写真を手に取り見つめる。














んんん、、、




























あ!!!!!!!!


































学校で見かけたのはお父さんだ。