無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

第6話.。癖になった
織田 明日花
織田 明日花
ほくろ、、、かぁ。





私は教室では一番後ろの席だ。




そのおかげでクラス全員の首元が見える。










まぁ、、ほくろがついてるのは後ろじゃないんだけどね(笑)





クラスの男子が振り向いた時首元をみる。



癖になってしまった。


小嶋 楓
小嶋 楓
見つけた~?
織田 明日花
織田 明日花
意外とほくろある人いないね、
小嶋 楓
小嶋 楓
うちのクラスには(弟くん)いないってことかぁ。
織田 明日花
織田 明日花
別のクラス?
小嶋 楓
小嶋 楓
別のクラスの友達にも調べてもらったんだけどいないって。
織田 明日花
織田 明日花
はぁ、、、見つかるのかな。。





見つからないような気がしてきた。















小嶋 楓
小嶋 楓
あ!!!!!!!!!
織田 明日花
織田 明日花
なに!?
小嶋 楓
小嶋 楓
あんたのお父さん先生とか町のお偉いさんだったりとか!?
だから授業参観に来てたんじゃない?
織田 明日花
織田 明日花
いや、、それはないかと、、
小嶋 楓
小嶋 楓
じ、じゃあ、再婚して、相手の方のお子さんがこの学校にいるとか、?
織田 明日花
織田 明日花
お父さんはお母さん大好き人間だったからなぁ。
小嶋 楓
小嶋 楓
じゃあなんで離婚したのさ
織田 明日花
織田 明日花
わかんない
小嶋 楓
小嶋 楓
ですよね
織田 明日花
織田 明日花
もう諦めた方がいいのかなぁ
小嶋 楓
小嶋 楓
いや!まって!もっと、他になにか、んん、あると思うんだけど、






楓はなんでそんなに探したいのだろうか。
















小嶋 楓
小嶋 楓
あ!!!!!!!!!!
織田 明日花
織田 明日花
今度はなに!?
小嶋 楓
小嶋 楓
弟くん!!
留年してるんじゃない?
織田 明日花
織田 明日花
え?