無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第2話.。聞いてなかった
織田 明日花
織田 明日花
ねぇお母さん
ん?




晩御飯を食べながら母に話しかける。




織田 明日花
織田 明日花
お父さん達って今どこに住んでるの?
そんなの知らないわよ。
織田 明日花
織田 明日花
名前、なんだっけ
なんで?
織田 明日花
織田 明日花
べ、別に、
、、それよりさ!··········









母はまだ父のことを怒っているようだ。









でも多分あれはお父さんだった。









授業参観にお父さんがいたって事は
















弟がこの学校にいるのだろうか。




織田 明日花
織田 明日花
弟、元気かな、
私の話聞いてる!?
織田 明日花
織田 明日花
あ、うん!聞いてるよ!!






















小さな声で囁いた。