無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

29.





フィリックスの為に私ができること。


上手くできるかはわからないけど
ソラ先輩とお話してみないとわからない

そう思った。








you.
you.
あ、あの
ソラ
ソラ
...何?
you.
you.
今、お時間いただけますか?
ソラ
ソラ
..いいけど、早くしてね
女子チームのダンス練習の日

音楽が止まったのを確認して勇気を出してソラ先輩に話しかけた。


その顔は私を確認すると少し強張った。


場所を変えましょうと促して自販機の前のベンチに座る。
ソラ
ソラ
...まさかあなたから話しかけて
くるとは思わなかった。
you.
you.
え?
ソラ
ソラ
この間
ちょっと脅したつもり
だったんだけどな。
you.
you.
...
今日のソラ先輩はは穏やかだ。
この前向けられた敵意みたいなものをひとつも感じない。
ソラ
ソラ
で、話って?
you.
you.
..フィリックスとのことです。
ソラ
ソラ
別れないよ。
you.
you.
...結論が早すぎますよ。
ソラ
ソラ
その結論しかないからだよ。
ソラ
ソラ
...私にはもう
フィリックスしかいないから。
ソラ
ソラ
だから取らないで?
you.
you.
...フィリックスが壊した
ソラ先輩の大切なものって
なんですか?
ソラ
ソラ
..そこまで聞いてるんだ。
ま、そうか..
ソラ
ソラ
..私ね、小さい頃からの
夢があったの。
you.
you.
夢、ですか?
ソラ
ソラ
その夢はホントは
叶うはずだった。
もう、すぐそこまで
見えてたの。
ソラ
ソラ
...でもダメになった。
ソラ
ソラ
..だからフィリックスは
私と一緒にいてくれるの。
you.
you.
その、夢をダメにしたのが
フィリックスなんですか?
ソラ
ソラ
...そうだよ。
ソラ先輩がゆっくりと私の方を向く。


ソラ
ソラ
...私ね、髪はずっと
ロングなんだ。
you.
you.
え?
ソラ先輩がその長い髪をこめかみ辺りからかきあげた。

you.
you.
額からこめかみにかけて大きな傷跡がある。
縫った後だ。




ソラ
ソラ
このキズが出来た
次の日に私の
アイドルデビューが決まる
はずだったの。
ソラ
ソラ
でもケガをして
デビューは他の子になった。
ソラ
ソラ
傷跡も残って、、
事務所自体にもいられなくなったんだ。


ソラ先輩は悲しげに笑う。


一呼吸おいて


その悲しそうな顔がぐにゃりと歪んだ。


ソラ
ソラ
このキズを作ったのが
フィリックスなの。
you.
you.
...
ソラ
ソラ
あの時約束したの、
ずっと側にいてくれるって
ソラ
ソラ
今更好きな子ができたなんて、
離れていくなんて許さない。
その笑顔はとても怖かった。


ソラ
ソラ
..あなたちゃんだっけ。
you.
you.
...はい。
ソラ
ソラ
あなたにできることは
何もないよ。
ソラ
ソラ
フィリックスのことは
諦めて。
you.
you.
...イヤです。
ソラ
ソラ
は?
you.
you.
諦めません。
you.
you.
ソラ先輩は、、
you.
you.
自分のことしか
考えていません。
you.
you.
フィリックスだって
たくさん悩んで辛い思いしたはず。。
you.
you.
そこを、少しはわかって
あげて下さいっ
ソラ
ソラ
...私が悪いって言うの?
you.
you.
...違います、
そうじゃないんですけど、、
ソラ
ソラ
何にもわからないクセに
後から出てきてわかったような
こと言わないで!
急な大声に体が震えた。
けど
you.
you.
わ、わからないです、でも
このままじゃ誰も救われないっ
you.
you.
ソラ先輩だって
フィリックスが側にいる限り
ずっと過去から抜け出せないんですよっ!
you.
you.
...罪は消えないけど、
許すことはできると思います。
ソラ
ソラ
ソラ
ソラ
だから、わかったようなこと
言わないでよっっ!!
ソラ先輩が勢いで私に掴みかかろうとした。

その時
ハニ
ハニ
ハイハイ、そこまでそこまで
you.
you.
ソラ
ソラ
ハニ
ハニ
、、うん。
ハニ
ハニ
とりあえずやめましょ、
公共の場なんで。
you.
you.
ハニ先輩。。
ソラ
ソラ
ハナっ
ハニ
ハニ
ソラ先輩落ち着いて、
せっかくの美人が台無しです。
ね?
ソラ
ソラ
、、、
ソラ
ソラ
いいよね
ソラ
ソラ
困ったら助けて
もらえるんでしょ。
ソラ
ソラ
私だって
同じことしてるだけよ。
you.
you.
..ソラ先輩。。
ソラ
ソラ
はー
ソラ
ソラ
戻るね
ソラ
ソラ
あなたちゃん
ソラ
ソラ
何も変わらないから。
これからもフィリックスは
私とずっと一緒にいる。
ソラ
ソラ
それが私の望むことだから。
you.
you.
...
そう言ってソラ先輩は背中を向けて行ってしまった。


you.
you.
、、、
ハニ
ハニ
大丈夫?
you.
you.
はい
you.
you.
ありがとうございます
ハニ
ハニ
ソラさんもだけど
ハニ
ハニ
フィリックスも
you.
you.
え?
ハニ
ハニ
なんか
よくわかんないけど
思ってた感じと違うみたいじゃん。
you.
you.
、、、。
ハニ
ハニ
あの時は
フィリックスと付き合うんなら
って
あなたのこと諦めたけど
ハニ
ハニ
あなた、なんだか辛そう。
ハニ
ハニ
俺のとこにきたら?
you.
you.
え?
ハニ
ハニ
、、好きとか嫌いとかの話じゃないなら
あなたにできることとできないことが
あるでしょ。
ハニ
ハニ
どう見てもソラ先輩とフィリックスの
二人の話じゃん
ハニ
ハニ
あなたが悩むことない。
you.
you.
、、ちがいます。
you.
you.
私、フィリックスのことが
好きだから、だから、、
できることをしたいんです。
ハニ
ハニ
俺はまだあなたが好き。
you.
you.
、、、
ハニ
ハニ
だからあなたが
辛そうなの見てられない。
ハニ
ハニ
俺とちゃんと付き合って。
ハニ
ハニ
辛い思いなんてさせない。
約束する。
.