無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4.
you.
you.
、、出勤、、不定期。。
初めてのデートから1週間、
私は時間があればレンタル彼氏の
ホームページのフィリックスのページを
開いていた。


この1週間サイトを見てわかったこと
フィリックスは載っている情報が
極端に少ない。


さらに言えば写真も載せていない。

他の人のページは
写真だったりプロフィールも充実
しているし、なんならブログとかもある。

対してフィリックスのページは
出勤が不定期であることと
人気メンバーというアイコンくらい。


今思えば運がよかったのかな。
勢いで開いたレンタル彼氏の
『今すぐ』のところにたまたまいた
フィリックス。

あの時は何も考えずに
予約したし、予約できたんだけど。。



you.
you.
そりゃあ
人気だよねぇ、、
すっごくかっこよったし、
いい人だったし。


また会いたいけど、
you.
you.
学生にはツライ。。
あの日は焦りから金銭感覚バグってたし、
彼氏の誕生日もあっていつもより多めに
お金も持ってたからなぁ。。


いくらバイトしてると言ってもね。

なんて思いつつ
『出勤お知らせメール』なんてものを
押してみる。


you.
you.
、、私、大丈夫かな?
フッと自分を自分で笑って虚しくなった。
you.
you.
はぁ、、あ!
ピコンとなったのは
先程登録したレンタル彼氏のメールで


フィリックスの出勤予定のお知らせだった。
you.
you.
え、、あ、、
えい!
自分でも驚くほど早く
自分の予定を確認して 
そのまま予約ボタンを押していた。
今度の週末フィリックスに会える、、

また会えるんだ。

楽しみで顔がニヤける。
you.
you.
いやいや、大丈夫!
あと、一回だけ、
最後に、こないだのお礼
言って終わり、、にする!
わざとらしく言い訳した。
そうしないと傷つくのは自分だって
わかってたから。


*****
























ルア
ルア
あなた〜
アイディア持ってきた?
you.
you.
あ、ルア
今日はサークルのミーティングの日だ。

私は映研に入っている。
私は裏方で小道具とかメイクとか
そんな細々したものを担当している。


私はそれが楽しかったけど
次のステップとして脚本や映像の
勉強もしてみようと言われていた。


問題なのが次のテーマで
それは私が一度も経験のない恋愛だった。




だから焦ってたんだ。
you.
you.
アイディアは、、
うん、一応。。
ルア
ルア
おん?
あなたは彼氏いるから
ヨユーじゃん!
ラブラブエピソードいっぱいあるよねー

友達で同じ映研のルアに言われた。

you.
you.
、、別れたの。
ルア
ルア
え?へぇ?
you.
you.
、、でも好きな人できそう。
ルア
ルア
、、!?
ルア
ルア
いいね、、いいアイディア、、!
you.
you.
いや、これはアイディアじゃなくて
ガチのほう!
ルア
ルア
ま、、じ?
あのあなたが?
ルア
ルア
わ〜
人生ってわからない!
you.
you.
今度話聞いて?
ルア
ルア
オッケー!
いつあいてる?
ルア
ルア
あ!そういえば
ルア
ルア
うちらのサークルちょっと
忙しくなりそうだよ。
you.
you.
え?
ルア
ルア
今回の作品と並行して
ダンスサークルの作品も撮るみたい。
you.
you.
ダンスサークル?
うちの?
ルア
ルア
そうそう、
男女とも人気あるじゃん、
よくコンテストで賞取ってる人たち!
you.
you.
あ〜
なんとなく、、
ルア
ルア
あなた、あーゆー人種苦手?
you.
you.
うーん、、
なんか見た目チャラくない?
ルア
ルア
まぁ、わかる。
だけどリーダーの人が
すごくいい人だったって
部長が言ってたよ。
you.
you.
へぇ、、
まぁ普段できないメイクとか
できるし、、いっかぁ!


なんて単純に考えていた。

.