無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9.


やばい、泣いちゃった。
アイメイク取れちゃう。。
休憩中だしちょっと鏡見てこようかな。


それにしばらくここにいたくないし。

私は静かに部屋の外に出た。














you.
you.
はぁ、、
ホント、、なんなの。
崩れたメイクをティッシュで抑える。
よかった、そんなに崩れてないや。
you.
you.
、、まさか同じ学校の
先輩だったなんてなぁ。
しかも彼女いるとか、、
ソラ先輩。
明るくてキレイな人だったな。。




これからしばらくはサークル活動が
一緒になる。


男子グルだけの撮影だけど
こんな感じでよく撮影に顔を出すのかな。


フィリックスがいるだけで
けっこう気まずいのに、彼女と一緒の
ところを見せられるとか。。
you.
you.
控え目に言って地獄じゃん。

ほんとイヤだ、どうしよう。。
you.
you.
、、そろそろ戻らなきゃ。
トイレを出て角を曲がる。
そこに
you.
you.
ピリクス
ピリクス
、、、、。
フィリックスが立っていた。
you.
you.
、、お疲れ様、、です。
頑張って挨拶したのにフィリックスは
こちらを見るだけで何も言わない。


なんなの?ホントになんなの?
ワケわかんない。
ピリクス
ピリクス
、、さっきは
ピリクス
ピリクス
、、感じ悪くなってごめん。
ピリクス
ピリクス
驚いて。
you.
you.
え、、あ、、はい。
また沈黙が流れる。
you.
you.
、、ほ、ホント驚きました。
まさか、先輩だったんですね。
ピリクス
ピリクス
うん、
そうだね。
you.
you.
、、しばらく一緒に
活動ですね、、。
ピリクス
ピリクス
、、うん。
you.
you.
あ、あの!
you.
you.
気まずいので、
なかったことにしませんか?
ピリクス
ピリクス
え?
you.
you.
これからしばらく
顔をよく合わすのに、
気まずいので。。
you.
you.
それに、彼女さんにも
悪いし。。
ピリクス
ピリクス
あ、知ってるんだ。
you.
you.
はい、さっき
聞いて。
you.
you.
だから、
私と、フィリックス先輩は
ここでが初対面です!
そうしましょう!
ピリクス
ピリクス
、、初対面。。
you.
you.
だめですか、、?
ピリクス
ピリクス
いや、
僕も、、
そっちの方が有難い。
ありがたい、、?

あぁ、、彼女に悪いとか、、?
ハニ
ハニ
ヨンボガ〜どこいった?
ピリクス
ピリクス
あ、ハニ。
ハニ
ハニ
お!いたいた!
、、ん?
フィリックスを迎えにきた人が
こちらを見る。

あ、よく見たらこの人知ってる。
学園祭でラップした人だ。
ハニ
ハニ
あ、来たらマズかった?
私たちの空気から何かを察したらしい、
まずい。
you.
you.
ちょ
ちょっと私が具合悪くてっ
you.
you.
でももう大丈夫です!
先輩、声かけてくれて
ありがとうございます!
先に戻ります!
そうペコリと頭を下げて足早に
その場を離れた。


部室に帰るとまだソラ先輩がいて
みんなとワイワイ楽しそう。
ソラ
ソラ
だからあの時私が
言ったじゃん〜
ジニ
ジニ
え?どうだったかなぁ?
スンミニ
スンミニ
たぶん、チャニヒョンが
言ったんですよ。
ソラ
ソラ
え〜
そうかな?
、、やっぱよく見ても素敵な人だなぁ。

フィリックス、、
フィリックス先輩も素敵だし


お似合い。




こんな素敵な人の彼氏とデートできた
なんていい思い出だよね。











ん?





彼女いるのにレンタル彼氏なんて
バイトする?





それこそ彼女に悪くない、、?


、、バイトだしそんなものなのかな、、。


私なら彼氏がそんなバイトするの
イヤだけどな。




まぁ考え方なんて人それぞれだから、
私の考えなんて意味ないけどさ。


ハニ
ハニ
いや、だから
そこはそっちじゃないんじゃない?
ピリクス
ピリクス
そうかな?
僕はこっちだと思うけど、、?
さっきの二人が帰ってきた。

スマホを見ながら楽しそうだ。



チラッとフィリックスと目が合う。

you.
you.
フィリックスの口元が少しだけ微笑んだ。
ほんの少し、数ミリ。















なにそれ。












いや、
落ち着け心臓。


私とフィリックスはここが
初対面。

知らない人、学校の先輩。

彼女持ち。



でもなんで
こんな時に
抱きしめられた感覚が
リアルに蘇って、消えない。

.