無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31.
ピリクス
ピリクス
ソラさんには手術も
勧めてはいるんだ。
you.
you.
手術?傷の?
ピリクス
ピリクス
そう、、
少しづつだけど
バイト代も渡してる。
you.
you.
あ、、レンタル彼氏の、、
ピリクス
ピリクス
どこまで綺麗になるか
わからないけど、
少しはよくなるんじゃないかと
思って。
you.
you.
そうなんだ。
ピリクス
ピリクス
でもソラさんは
乗り気じゃなくてさ
you.
you.
...
ピリクス
ピリクス
本当にどうしていいか..
分からなくて。。
私はフィリックスの右手をとった。
you.
you.
..大丈夫!
you.
you.
ソラ先輩のことは
、、時間をかけて分かってもらおう?
ピリクス
ピリクス
あなた
you.
you.
私、待つから
you.
you.
どれだけでも
待つし、私にできることが
あれば力になりたい!
you.
you.
、、辛い話してくれて
ありがとう!
ピリクス
ピリクス
あなた、、ありがとう。
ピリクス
ピリクス
あなたがいてくれて
良かった。
ピリクス
ピリクス
好きだよ。
you.
you.
...うん
you.
you.
私も、好き。
ピリクス
ピリクス
...今日のサークルの後、時間あるかな?
you.
you.
え?うん。
ピリクス
ピリクス
じゃあ、終わったら時間ちょうだい。
you.
you.
?うん。














.
チャニ
チャニ
..なるほど。
サークルの後
ダンスサークルの部室によばれた。
チャニ
チャニ
ソラが怪我した時にそんな事に
なってたんだな。
リノ
リノ
..いきなり付き合うから
おかしいとは思ったけどね。
チャンビニ
チャンビニ
..え?おかしいとか思ってたの?
チャニ
チャニ
ソラは確かにフィリックスのこと
気にいってたもんな。
チャンビニ
チャンビニ
..そうなの?
ピリクス
ピリクス
..僕が、ソラさんを
受け入れてしまったのが
いけなかったのは分かっています。
you.
you.
...
チャニ
チャニ
まぁ、その状況なら俺も
そうすると思う。
リノ
リノ
ま、リクスは優しすぎるけどな。
ピリクス
ピリクス
でも状況が変わりました。
フィリックスが私を見る。
ピリクス
ピリクス
ソラさんはあなたになにをするか
わからない。
ピリクス
ピリクス
もしもの時のために
ヒョン達に話しておきたかったんです。
チャンビニ
チャンビニ
あぁ、
まかせろ!
リノ
リノ
..やっと言ってくれたな。
ピリクス
ピリクス
すみません、、
チャニ
チャニ
あなたちゃん
you.
you.
..はい。
チャニ
チャニ
なんだか最近縁があるね。
...ハニ先輩とのことだろう。
チャニ
チャニ
いいんだ、気まずそうにしないで。
チャニ
チャニ
誰もが正解にまっすぐ向かえる訳じゃない。
遠回りもするし、寄り道もする。
チャニ
チャニ
でも
自分がこれだ、って道が見えたのならもう前だけ見たほうがいい。
you.
you.
っはい。。
その優しい口調と言葉に涙が出そうになった。

バンチャン先輩、、素敵な人だ。
リノ
リノ
...寄り道ね。。
リノ
リノ
寄り道?うちのジソンが..?
チャンビニ
チャンビニ
..何ブツブツ言ってるんですか?
リノ
リノ
じゃあ耳元で大きい声で
言ってやろうか?
チャンビニ
チャンビニ
いいっ!いいです!
チャニ
チャニ
さて、、
チャニ
チャニ
とりあえず気をつけていこう。
ピリクス
ピリクス
はい。
チャニ
チャニ
撮影も始まる。
頑張って行こうね。
リノ
リノ
あぁ
チャンビニ
チャンビニ
おぅ!
ピリクス
ピリクス
はい
you.
you.
..はい。
撮影、何もなきゃいいけどな。
ピリクス
ピリクス
今日は付き合ってくれてありがとう。
you.
you.
えっ、こちらこそ
先輩達にまでお話してくれて
ありがとう。
ピリクス
ピリクス
...ちょっと歩かない?
ピリクス
ピリクス
話しながら帰りたいな。
you.
you.
うん、そうしたい。


私たちは並んで一駅ぶん歩いた。

何気ない話をして、それだけでなんだか
気持ちが落ち着いた。
you.
you.
...じゃあ、ここで
ピリクス
ピリクス
...待って。
ピリクス
ピリクス
まだ一緒にいたい。
ピリクス
ピリクス
って、僕が言ったらダメなのか。。
you.
you.
...私もいたいよ。
you.
you.
でも...
ピリクス
ピリクス
...一度罪を犯したなら
もう何度も同じことだと思う?
you.
you.
...思わない。
ピリクス
ピリクス
そうだね、僕もそう思う。
ピリクス
ピリクス
ただ積み重なるだけだ。
ピリクス
ピリクス
ごめんね。
少し強引に抱き寄せられて頬を合わせる。

ピリクス
ピリクス
あなた
君に罪はない。
優しいけど少し冷たいキスをくれた。
ピリクス
ピリクス
罪なら僕が背負うから、
あなたは何も悪くない。
もう一度その顔が近づく。
you.
you.
ここ、駅前、、、!
ピリクス
ピリクス
誰も見てない。
唇が冷たかった分
その中は異様に熱く感じた。

でもすぐに私も同じ温度になるから、その冷たさも熱さもわからなくなった。

.