無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17.



いつか


いつの日か、あの時はこんな辛いことが
あったよね、って笑って言える時がくるのかな。



その時、私は誰の隣にいるんだろう。

誰の笑顔を見ているんだろう。


































.
ルア
ルア
えっ?
you.
you.
だから
ハニ先輩と付き合うことになった。
you.
you.
とりあえず、一ヶ月
お試しで。
ルア
ルア
ま?
ルア
ルア
いつの間に、、
あなた〜
you.
you.
ごめん
詳しくは言えないんだけど
、、ルアだけには言っておく。
ルア
ルア
聞きたいけど〜
...わかった!
ルア
ルア
あ、来たよ
カ・レ・シ
ルアがこそっと耳打ちする。

ハニ先輩がバンチャン先輩と部室に
入ってきた。


なんとなく恥ずかしくて視線をそらす。



あの日、
ハニ先輩の部屋で告白された時。


ハニ先輩があんまり真剣だったから

you.
you.
わかりました、
一ヶ月、、お付き合いする時間を下さい。
ハニ
ハニ
ほんと!?
ハニ
ハニ
やった〜!
ハニ
ハニ
あ、いつでも延長に
変更できるので、
お気軽にどうぞ〜
you.
you.
、、ふふっ
先輩は暖かくて面白くて優しい。

そんな人が私を好きだと言ってくれる。
私になんか勿体ない言葉をくれた、
ハニ先輩といたらきっとフィリックスのことを
忘れることができる。






ハニ
ハニ
返品されないように
頑張るから、これから
よろしく!
you.
you.
、、はい
ハニ
ハニ
あ〜
嬉しいっ
そう言って本当に嬉しそうに目を細めるから
なんだか私まで幸せな気分になった。

ハニ
ハニ
あなた
ハニ
ハニ
本当は今すぐ抱きしめ
たいけど、、ルールがな、、
you.
you.
ルール?
ハニ
ハニ
そう
ホントは女の子部屋に
上げるの禁止なんだ。
you.
you.
チャンビン先輩との?
ハニ
ハニ
それもそうなんだけど
もう一人、、
チャニ
チャニ
そう
ルール破りは
1週間皿洗い。
ハニ
ハニ
あ!
ハニ
ハニ
チャニヒョン
帰ってたんですか!?
チャニ
チャニ
あぁ
チャニ
チャニ
玄関開けたら
女の子の靴があったから
そ〜っと入ってきた。
you.
you.
あ、あのハニ先輩は
悪くないんですっ
ハニ
ハニ
あなた
チャニ
チャニ
どんな理由があれ
ルールはルールだ。
チャニ
チャニ
ちゃんと罰は受けてもらう
けど、、ハナ
チャニ
チャニ
よかったな
ハニ
ハニ
チャニ
チャニ
返品されないように
頑張れ
ハニ
ハニ
ヒョン〜!
ハニ
ハニ
ていうか
いつから聞いてたんだ〜
チャニ
チャニ
あぁ、今さっきだよ、
だからそんなには聞いてないよ
ハニ先輩はよかった、と肩を下ろす。
チャニ
チャニ
君、映研の子だよね?
you.
you.
あ、はい
あなたと言います。
チャニ
チャニ
あなたちゃん
よろしくね。
チャニ
チャニ
MVのほうも
みんなでいい作品に
しよう。
you.
you.
はい!





そうして私はハニ先輩の彼女(1ヶ月)になった。
ただみんなに大々的に言うのはよそうとハニ先輩が言ってくれたので、仲のいいルアにだけ話すことにして他のサークルのみんなには内緒だ。





you.
you.
ハニ先輩と一瞬目があった。
瞬時にウィンクをされる。


いや、みんなに気づかれちゃうよ〜。
リノ
リノ
何、ウィンクなんかして。
ハニ
ハニ
してないよ〜
目にゴミが入ったっ
リノ
リノ
ふ〜ん?
ほら、だから言った(?)じゃん!

リノ先輩、優しそうなんだけど
察知能力が凄そうというか、
たまに怖いんだよなぁ。
チャンビニ
チャンビニ
、、、。
リノ
リノ
お前、何か知ってるな?
チャンビニ
チャンビニ
イヤ、オレハナニモシラナい。
リノ先輩にターゲットにされた
チャンビン先輩は目が泳ぎまくってるし
動きも不自然極まりない。

あ〜だめだぁ
この人嘘つけない人だぁ、、!

みんなには言わないって決めたけど
早々にダメになりそうだ。
ピリクス
ピリクス
お疲れ様です。
ジニ
ジニ
遅い〜
ジニ
ジニ
最近いつも来るのが遅いな?
ピリクス
ピリクス
ごめん
バイトが押して。


あの日ぶりのフィリックスだった。




、、大丈夫、普通に
普通にしよう。

チャニ
チャニ
さ、チームに分かれて
作業に入ろうか。
、、そうだ、、チーム。

フィリックスと一緒のチームなんだった。
ハニ
ハニ
あなたちゃん。
ハニ
ハニ
今日は何からだったかな?
ハニ先輩が自然に私のところにきてくれた。
you.
you.
あ、えっと
コマ割の確認です。
ハニ
ハニ
あ、そうだったね
資料ある?
you.
you.
はい、たしかあっちに、、
ハニ
ハニ
オッケー
ハニ
ハニ
ヨンボガ〜
そこの資料取って
こっちで確認!
ピリクス
ピリクス
これ?
ハニ
ハニ
それそれ!
ピリクス
ピリクス
あ、僕そういえば
確認したいところがあったん
だけどー..
あなたちゃんこれわかる?
you.
you.
あ、ハイ
それならこうじゃないですか?
ハニ
ハニ
お、イイね!
ピリクス
ピリクス
うん、いい感じ。
you.
you.
ハイ、じゃあここは
引きで動きある感じでー..
よかった、ハニ先輩のおかげで
気まずくならなかった。


ハニ先輩と目が合うと
ニコリと口角を上げてわざとらしく
笑ってみせた。

その顔がなんだか面白くて
思わず笑ってしまった。





ピリクス
ピリクス
、、、、。
.






–––––––

小説をお読み下さりありがとうございます。
お気に入りやハートとても嬉しいです🥺
めちゃめちゃ励みになっております🌷

さて、ハニのターンが続いていてモヤモヤしているピリペンの皆様、ご安心を。私はピリペンです。←

しかし、私には好きなポジがあるのです、
それは『当て馬』。

当て馬って、いつかは散っていく美しさの上に成り立ってるが故に儚く尊いですよね。(急に何。

だからハニ書いてるのとっても楽しいです!

そちらもお楽しみ頂けたらと思います。
また次回もお読み頂けたら幸いです。


まかろに