無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27.


ハニ先輩とお別れした。

その後は
なんとなく自分からはフィリックスに連絡できなかった。

その日、彼から連絡がくることはなかった。







you.
you.
今日のサークル、どうしよ。
you.
you.
ハニ先輩もいるし、、
気まずいよ。。
ルア
ルア
あなた
やっほー!
ルア
ルア
今空き?
you.
you.
あ、うん。。
ルア
ルア
どした?
元気ないじゃん。
you.
you.
う、うーん。
なんでもない。
ルア
ルア
ルア
ルア
あ、先輩カップルだ
you.
you.
ん?
you.
you.
、、っ!?
ルアが目を向けた先にはフィリックスがいた。
ソラ先輩と。 


二人並んで話ながら私たちの少し前を通り過ぎて行った。


...え、、?どうして?
ルア
ルア
お似合いだよね〜
you.
you.
...
ルア
ルア
あなた?
you.
you.
えっ、あ、うん。そだね。
何がどうなってるの?



昨日は別れ話をしに行ったんじゃないの?



、、、そもそも二人の関係はどんなものなの?




私はただ遠くなっていく二人の背中を見つめていた。


you.
you.
ルア
今日私サークル行けないや、
部長に言っておいて。。
ルア
ルア
...大丈夫?
you.
you.
うん、
大丈夫。














不安で胸がいっぱいで
もうこれ以上こんな気持ちになりたくない。
...考えたくない。


...今日の授業が終わったら早く帰ろう。
そう思ってなんとか最後の授業を終えた。








you.
you.
あ、しまったこれ資料もらわなきゃ。
そう思って
階段を降りた先、いたのは、、
ソラ
ソラ
、、、
you.
you.
あっ
you.
you.
お、お疲れ様です。
ソラ
ソラ
あっハニの彼女ちゃんだっ
you.
you.
えっ
そう、認識されてるんだ。
ソラ
ソラ
映研のコだよね?
今イベント忙しいでしょっ
you.
you.
、あ、はい、、これから、、
ソラ
ソラ
出来上がりめっちゃ楽しみ〜
リクスも頑張ってるみたいだからさぁ
you.
you.
あ、、そう、、ですね。
みなさん気合いが入ってますね。。
、、なんだろう。

なんだか怖い。


ソラ
ソラ
、、リクスにメイクしたの?
you.
you.
えっ、あ、、ハイ
ソラ
ソラ
ダメだよ〜
カメラに映えるように
肌はキレイに塗らなきゃ
you.
you.
え、、?
ソラ
ソラ
微妙だったって写真見せてきたよ。
、、いや、あのメイクはフィリックスも
すごく良かったって言ってくれた、のに。
ソラ
ソラ
ま、本番気をつけて
くれたらいいや〜
ソラ
ソラ
フィリックスは優しいからさ
直接は言えなかったのかもね。
you.
you.
、、、。
、、ソラ先輩、、。


この人、、
ソラ
ソラ
もうねー
何するにも優しい人なんだ
ソラ
ソラ
キスもすごく優しいし
ソラ
ソラ
それ以上も、、フフッ
わかってる。


知ってる。


その瞳の中に怒りが見えた。

熱くて暗い、私に対する怒り。
ソラ
ソラ
私にだけ、特別。
その暗い瞳が、真っ直ぐに私を見た。
you.
you.
、、、っ
リノ
リノ
あ、ソラ先輩。
ソラ
ソラ
ソラ
ソラ
リノ!おつかれ!
リノ
リノ
あ、取り込み中でした?
リノ先輩がちらりとこちらを見た。
ソラ
ソラ
ううん!全然!
ソラ
ソラ
じゃ、私はこれでっ
またねっ
ソラ先輩は足早に去って行った。 

よかった、すごくホッとした。
you.
you.
あ、お疲れ様です。。
リノ
リノ
、、、
you.
you.
あの、、?
リノ
リノ
何ちゃんか覚えてないけど、、
リノ
リノ
フラフラするのは
やめてくれない?
you.
you.
、、え?
リノ
リノ
意味わかるでしょ。
you.
you.
、、、、。
you.
you.
、、すみません、、
リノ
リノ
俺に謝るとかじゃない。
リノ
リノ
、、、もう期待させないでやってね。
you.
you.
え?
そう言ってリノ先輩は行ってしまった。
you.
you.
、、、。














.
ハニ
ハニ
ヒョン、ちょっと厳しいよ。。
リノ
リノ
そう?
リノ
リノ
ソラ先輩から助けたでしょ?
見てるだけなら助けたら?
ハニ
ハニ
、、、
てゆーかソラさん。。
リノ
リノ
お前今気づいたの?
リノ
リノ
あのヒトは厄介だろ。
なにか理由があるんだろうけど
ヨンボギがそれを言わないなら
手助けできないからな。
ハニ
ハニ
、、や、付き合ってるって感じでは
ないな〜とは思ってたよっ
リノ
リノ
、、、ちょっと注意しとこうかな。
.