無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26.
ハニ
ハニ
...何?どういうことなの?
you.
you.
ごめんなさいっ
ほんとに、ごめんなさい
ハニ
ハニ
...あなた、大丈夫だから
怒ってるわけじゃないから
落ち着いて、ね?


こんな時だってこんな風に優しく笑ってくれる。

こんなに優しい人を私はただ自分勝手に傷付けた。
ハニ
ハニ
もう俺と付き合えないって
なんでか教えてほしい。
ハニ
ハニ
..ダメなところがあるなら
頑張って治すよ?
you.
you.
..っちがいます。
...私が、私が悪いんです。
それでも

もう自分の気持ちを変えられないと思ってしまったから。


ハニ
ハニ
...あなた?
you.
you.
私、昨日、、
フィリックスといました。
ハニ
ハニ
え?
you.
you.
一緒にいました。
ハニ
ハニ
昨日?飲み会の夜、、?
you.
you.
...はい。
ハニ
ハニ
一緒にいた..
you.
you.
...ごめんなさいっ
日曜のカフェは人も多くてそれなりに賑やかなのに
この席だけは別の場所みたいに静まり返った。
ハニ
ハニ
そ、そういうこと?
you.
you.
...はい。
ハニ
ハニ
え?いや?
だってあいつにはソラ先輩が..
you.
you.
...そ、うなんですけど、、
今頃フィリックスもソラ先輩と会っている頃だ。


ソラ先輩とは別れると言ってくれたけど、
引っかかっているのはフィリックスが
言っていたことだ。











ピリクス
ピリクス
あなた
僕はソラさんと別れる。
ピリクス
ピリクス
..いや、もともと、、
you.
you.
、、?
ピリクス
ピリクス
少し、言えないこともあるんだけど
ピリクス
ピリクス
僕とソラさんは正確には
付き合ってない。
you.
you.
え?
ピリクス
ピリクス
..いや、付き合ってはいるんだけど
、、なんて言っていいか。。
ピリクス
ピリクス
あなた
ピリクス
ピリクス
話せる時がきたら全部ちゃんと話す。
ピリクス
ピリクス
だから今は僕を
信じてほしい。
you.
you.
..うん
ピリクス
ピリクス
ごめん。
ピリクス
ピリクス
今はそれしか言えない。
you.
you.
..よくわからないけど、大丈夫。
フィリックスを信じる。
ピリクス
ピリクス
ありがとう。
ピリクス
ピリクス
それから、、
ハニとは別れてほしい。
you.
you.
...う、ん。
ピリクス
ピリクス
あなたは僕のものだよ。
ピリクス
ピリクス
ハニでも、誰でも
もう他の男のものにはさせない。
一生。
you.
you.
...うん。
ピリクス
ピリクス
ハニには僕が話をしよう。
you.
you.
え?
ピリクス
ピリクス
あなたは何も心配いらないから。
you.
you.
...
you.
you.
大丈夫、話なら私がする。
you.
you.
、、いい?
ピリクス
ピリクス
...わかった。
何かあったらすぐ連絡してね。



...ソラ先輩とのこと、本当はすごく気になってる。


ハニ
ハニ
あなた?
you.
you.
、、あ、ごめんなさい。
ハニ
ハニ
...フィリックスと付き合うんだね。
you.
you.
...
なんと言っていいかわからず俯く。

自分勝手にハニ先輩を傷付けて、それでもまだフィリックスのことを考えてる。
最低。
ハニ
ハニ
...俺のことは好きじゃないし、
フィリックスと両思いだったから
付き合う。
ハニ
ハニ
それでいい?
you.
you.
ご、ごめ、、
you.
you.
は、ハニ先輩はや、優しくて、、
ハニ先輩のこと好きになっ、なりたかった、、
のにっ、、
罪悪感、自己嫌悪、、、
申し訳なさすぎて涙が溢れてきた。

ハニ
ハニ
もう一緒にいれないなら
そんな言葉いらないよ..
you.
you.
..ごめっ、、んなさいっ、、
ハニ
ハニ
もうその涙も拭いてあげられないし、
傷ついてたって迎えにいってもあげない。
you.
you.
、、は、、いっ
ハニ
ハニ
フィリックスと勝手に幸せになったら。
ハニ先輩がこんな冷たい顔をしているのは
初めてみた。
最初からいつも優しかった。

それを私がダメにしちゃったんだ。
ハニ
ハニ
...嘘。
you.
you.
え?
ハニ
ハニ
...よかったね、あなた
you.
you.
...ハニ先輩っ、、
ハニ
ハニ
あー、、なんで俺昨日寝たんだろ。
ハニ
ハニ
やっぱ飲むとダメだ。
すぐ寝ちゃうから。朝まで起きないし。
そう言って大袈裟に頭を抱えた。
ハニ
ハニ
...今までありがとう、、。
you.
you.
、、ぇ
ハニ
ハニ
ほんの少しだったけど
本当に楽しかったし、嬉しかった。
ハニ
ハニ
こんな気持ちをくれてありがとう。。
you.
you.
そ、そんなっ、、
、、ごめんなさいっ、、
ハニ
ハニ
もうあやまらないで?
そう言って私の涙をなぞってくれた。
you.
you.
、、っ、、ハニ先輩。。
you.
you.
、、ありがとう、、ございましたっ、、
ハニ
ハニ
、、あ〜
ハニ
ハニ
終わっちゃうんだな。。
少しだけ天井を見上げて、その後まっすぐ私をみてくれた。

ハニ
ハニ
、、好きなんて言葉は贅沢すぎたけど、、
ハニ
ハニ
一度くらい、あなたから
会いたいって言ってほしかった。 
それだけ。
you.
you.
、、ハニ先輩、、
ハニ
ハニ
もう行って。
ハニ
ハニ
これ以上俺が未練たらしくなる前に。
かっこ悪くなる前に行って。
you.
you.
ぁ、、の
ハニ
ハニ
、、またね。
you.
you.
、、、はい。
私はバッグを持って立ち上がる。
ハニ先輩に小さくお辞儀をしてその場を離れた。














ハニ
ハニ
あ~
ハニ
ハニ
きっつ!
ハニ
ハニ
はぁ。









.
ハニ
ハニ
あ、もしもしリノヒョン?
ハニ
ハニ
ちょっと気分転換に付き合ってくれない?
ハニ
ハニ
うん、、うん。まぁ、そんな感じ。。
、、ありがと。















.































*****



ソラ
ソラ
っどういうこと!!?
ソラ
ソラ
...意味わかんないっ!
ピリクス
ピリクス
ソラさん、、落ち着いてください。
ソラ
ソラ
私のこと見捨てるの?
ピリクス
ピリクス
、、ちがいます。
ソラ
ソラ
じゃあ別れるなんて言わないで!!
ソラ
ソラ
約束したでしょっ?
ピリクス
ピリクス
、、約束なら別の形で必ず。。
ソラ
ソラ
いや!
ソラ
ソラ
、、私の事を見捨てるなんて
許さないからっ!
ピリクス
ピリクス
、、ソラさん。
聞いて下さい。
ソラ
ソラ
、、聞かない!
ソラ
ソラ
ホラ、、、見て?
ソラ
ソラ
私、、どうかな?
ピリクス
ピリクス
、、、キレイです。
ソラ
ソラ
、、、
フィリックスだけだよ、
そう言ってくれるの。。
ソラ
ソラ
、、ずっと側でそう言って?
ソラ
ソラ
大好きだよ、フィリックス。
ソラ
ソラ
これからもずっと一緒にいて。
お願い。
ピリクス
ピリクス
...ソラさん
ピリクス
ピリクス
、、僕好きな人ができました。
ソラ
ソラ
、、、、、
ソラ
ソラ
、、わかるよ。
ソラ
ソラ
少し前から、キスの仕方が変わったもん。
ソラ
ソラ
私を誰に重ねてた?
ピリクス
ピリクス
...それは。。
ソラ
ソラ
いいなぁ。
フィリックスから好かれてる子。
ソラ
ソラ
、、、誰を好きでも、、
別れてなんてあげないから。





.