無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

36.













ダンスサークルとの撮影最終日。


それは突然起こった。








ソラ
ソラ
...こんにちはっ
アイエン
アイエン
あ!ソラ先輩っ
こんにちは~
リノ
リノ
..お疲れサマです
チャニ
チャニ
...見学?
ソラ
ソラ
うん。
you.
you.
....
ピリクス
ピリクス
..ソラさ
ピリクス
ピリクス
!!
ソラ
ソラ
...もうこうするしかないの。
you.
you.
ぇっ
突然現れたソラ先輩の手には大きな包丁が握られていた。

ジニ
ジニ
..!!
ハニ
ハニ
..ソラさん..
みんながそれに気づいて一気に緊張感が走る。

チャニ
チャニ
ソラ!
チャニ
チャニ
..いきなりどうした?
チャニ
チャニ
..とりあえず、それを
下ろして、ね?
ソラ
ソラ
....
ソラ
ソラ
大丈夫、誰かを傷つけたり
なんかしないから。
そう言ったソラ先輩の声は暗くて。


ピリクス
ピリクス
..ソラさん。
ピリクス
ピリクス
とりあえずそれを
こっちに渡してもらえませんか?
ソラ
ソラ
..フィリックス..
ソラ
ソラ
..ね
ソラ
ソラ
そろそろ戻ってくる
時間だよ?
ピリクス
ピリクス
え?
ソラ
ソラ
...まさか許されたなんて
思ってないよね。
ピリクス
ピリクス
..はい..
もちろんです。
ソラ
ソラ
私、優しいから
..ちょっと自由にさせて
あげたの。
ソラ
ソラ
...もう首輪を
つける時間だよ?
you.
you.
!!!
この人...

フィリックスのことなんだと思ってるの..!
ピリクス
ピリクス
ソラさん。
ピリクス
ピリクス
もうソラさんと一緒には
いれません。
ピリクス
ピリクス
...こんな関係を続けても
ソラさんが満たされることはない。
ピリクス
ピリクス
わかってるはずです。
ソラ
ソラ
...そうだね。
ソラ
ソラ
...もう、好きなんて
気持ちもどこかに行っちゃった。。
ピリクス
ピリクス
なら..
ソラ
ソラ
でもね。
ソラ
ソラ
苦しい気持ちだけは
どこにも行かないのっ
ソラ
ソラ
..消えないのっ
ソラ
ソラ
ねぇ..どうしたらいいのっ..?
そう言ってソラ先輩は子供みたいにポロポロ涙を流して泣いた。

みんなそれをどうしていいかわからず見ていた。
ピリクス
ピリクス
..ソラさ
ソラ
ソラ
見て。
そう言ってソラ先輩は髪をかき上げた。

あの傷が..
you.
you.
..ない。。
ソラ
ソラ
...小さくはあるの。
メイクしたらほとんどわからない。
ピリクス
ピリクス
..いつから..
ソラ
ソラ
割と最初のほう。
ソラ
ソラ
フィリックスも言ってたじゃない。
手術である程度綺麗になるって。
ソラ
ソラ
親が申し込んでて
最初のほうで手術してたんだよね。
ソラ
ソラ
あの頃長い間ずっと包帯巻いてたから
分からなかったでしょ?
ピリクス
ピリクス
じゃああの傷は..?
ソラ
ソラ
メイク。
ソラ
ソラ
私メイク上手いからさ。
あんなのくらい、簡単。
you.
you.
じゃあ..
you.
you.
じゃあなんで..
ずっとフィリックスを
縛り付けてたんですかっ!?
ソラ
ソラ
好きだから。
ソラ
ソラ
それ以外にある?
ソラ
ソラ
..フィリックスはさ
みんなに優しいよね。
ソラ
ソラ
でも私はそんな優しさ
ほしくなかったの。
ソラ
ソラ
平等なんて意味ない。
ソラ
ソラ
特別がほしいの。
...言っていることの意味はわかる。

誰だって好きな人の特別になりたい。

..だけど。。
you.
you.
こんなの間違ってる。。
ソラ
ソラ
あんたに何がわかるのっ!!
ピリクス
ピリクス
!!
ソラ
ソラ
いきなり出てきてっ
ソラ
ソラ
私が欲しかった特別を
な〜んにもしないで
盗って行った!!
ソラ
ソラ
...私はこんなことしなきゃ
側にさえいてもらえないのにっ
ソラ
ソラ
..でもね
..最近はもう苦しいだけなのっ
ソラ
ソラ
フィリックスといても
苦しいしっ
ソラ
ソラ
フィリックスと離れても
今頃、あの子と楽しくしてるんだと
思うと苦しいの。
ソラ
ソラ
...もうどうしたらいいかわらなくて..
ソラ
ソラ
...思ったんだ。
ソラ
ソラ
...最初に戻ればいい...
ピリクス
ピリクス
え?
ハニ
ハニ
ちょっと!!
ソラさんは持っていた包丁を自分に向けた。
ソラ
ソラ
..今度は簡単に治らないように
ちゃんと深くしなきゃね。。
ソラ
ソラ
フィリックス
ソラ
ソラ
今度はずっと一緒にいよう?
そう言って上から大きく包丁を振り下ろす。
ピリクス
ピリクス
!!!
you.
you.
いやっ!
フィリックスは咄嗟にソラ先輩を抱きしめるかたちで守った。
ピリクス
ピリクス
...ゔっ
ソラ
ソラ
...なんでっ






ソラ先輩が振り下ろした包丁はフィリックスの右肩の当たりを赤く染めた。




どんどん広がっていく。
スンミニ
スンミニ
..救急車!
you.
you.
フィリックス!!
すぐに駆け寄って声をかける。
その目がわたしをみた。
ピリクス
ピリクス
...ん、だ
大丈夫っ
チャニ
チャニ
ソラっ
ソラ
ソラ
きゃっ
バンチャン先輩が唖然としていたソラ先輩から包丁を奪い取った。
ソラ
ソラ
...なんで..
ピリクス
ピリクス
...大丈夫っですっ
ピリクス
ピリクス
..ソラさんは悪くない..
ピリクス
ピリクス
なにも悪くないから...
you.
you.
あっ
そう言ってわたしにドサリと覆い被さるようにフィリックスが倒れた。

you.
you.
っ!
その顔は血の気が引いて真っ青だ。
you.
you.
フィリックス!!
you.
you.
しっかりしてっ!!
その声かけに返事はない。


抱きしめた腕に重く濡れた感覚。

周りはバタバタと動いているけど
私には何の音も聞こえなかった。

.