無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5.
ピリクス
ピリクス
あなた
こんにちは
you.
you.
こんにちは、
どうも、、
すごく待っていた日のハズなのに
恥ずかしくてぎこちない。


だって
今日のフィリックスもすごくかっこいい。

黒で統一したスッキリとしたコーデが
彼の華やかな顔を引き立てている。
ピリクス
ピリクス
また会えて嬉しいよ。
さらっと言われたセリフに
胸はきゅんとうずく。



みんなに言ってるんだろうな。



なんて思ったら悲しくなるから今は
考えないようにしないと。
ピリクス
ピリクス
今日も恋愛の勉強?
you.
you.
あ、はい、うん。
そんな感じで
お願いします。
ピリクス
ピリクス
、、じゃあ
こないだよりワンステップ
あげてみようか?
you.
you.
あげる、、?






着いた先はカラオケボックスだった。


狭い部屋にふたりきり。

これまた狭いソファに座る。
ドリンクを持ってきた店員さんが
出ていくのを確認したら
フィリックスが口を開いた。
ピリクス
ピリクス
今日はちょっと
スキンシップしてみる?
you.
you.
え!?
ピリクス
ピリクス
ハハッ
ピリクス
ピリクス
そんなに驚かなくても。
最初に言ったの覚えてる?
ピリクス
ピリクス
手を繋ぐとのと、ハグが
できるよ。
そんな説明あったかな、、
あの日はフィリックスのイケメン具合に
頭が追いついてなくて説明どころじゃなかったから。


you.
you.
手と、ハグ、、?
そんなことしていいの、、?
ピリクス
ピリクス
まずは、、
私が悩んでいるとフィリックスが
私の両手をとって指を絡めた。
you.
you.
あ、、
ピリクス
ピリクス
照れてる?
可愛いね。
you.
you.
照れてます。。
you.
you.
こんなの恥ずかしくないとか、
無理!
ピリクス
ピリクス
でも、どう?
ぎゅっと力を込められた。
ピリクス
ピリクス
あたたかくて、安心しない?
you.
you.
、、あたたかいけど、
安心までいかないっ!
you.
you.
むしろ不安!
ピリクス
ピリクス
おかしいな?
ピリクス
ピリクス
こんなことが
恥ずかしいなんて
あなたは可愛いね?
ピリクス
ピリクス
つぎに進んだら
どうなると思う?
you.
you.
な、な、無理!
ピリクス
ピリクス
でもするよ?
ピリクス
ピリクス
ちゃんと勉強しなきゃ。
そう言って私をみつめる
フィリックスの瞳が
真っ直ぐでキレイすぎて。
you.
you.
無理。
ピリクス
ピリクス
あははっ
笑ったついで、
みたいな感覚でそのまま
ぎゅっと抱きしめられた。

you.
you.
、、む、無理って
言ったのに!!
ピリクス
ピリクス
ごめんごめん。
そこに悪びれた様子はなくて。
ピリクス
ピリクス
でも僕でよかった。
you.
you.
ピリクス
ピリクス
あなたが可愛いから
普通の男じゃ
これで済まないよ。
だから気をつけて行動してね、って
そんなことないのに。
フィリックスは上手い。
ピリクス
ピリクス
じゃ、勉強はこれくらいに
して、彼氏モード味わってみる?
you.
you.
彼氏モード?
ピリクス
ピリクス
、、あなたは最初から
なんか他のお客さんと
違ったから
you.
you.
ピリクス
ピリクス
普通は最初から
彼氏感が欲しい人が
多いんだよね。
ピリクス
ピリクス
でもあなたは
恋愛が知りたいとか言うから。
you.
you.
あ、、こないだは
どうも。
ピリクス
ピリクス
いや、それは
全然いいんだけど。
そう言ってイタズラに笑う。
ピリクス
ピリクス
だから、まぁ
このコースのいいとこを
こないだは味わってないんだよ?
you.
you.
、、そ、そうなんだ。
you.
you.
、、、
ピリクス
ピリクス
体験してみる?
you.
you.
、、、うん。
ピリクス
ピリクス
素直で
可愛いね。
ピリクス
ピリクス
期待して、
あなた。
.