無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

39.
you.
you.
退院おめでとうっ
ピリクス
ピリクス
ありがとう
今日はフィリックスの退院の日だ。
経過は良好で予定より早く退院できた。

you.
you.
荷物これだけ?
ピリクス
ピリクス
あ、自分で持つよ。
大丈夫。
ピリクス
ピリクス
学校があったのに
来てくれてありがとう。
you.
you.
ううん。
私が来たかったの。

学校よりもフィリックスの退院に付き添いたかった。
家族は海外って聞いてたし、尚更。

ピリクス
ピリクス
タクシーで帰ろう。
you.
you.
うん。
二人でタクシーに乗り込んでフィリックスが行き先を告げる。


you.
you.
..先輩達も来たがってたよ。
ピリクス
ピリクス
うん。
行けなくて悪いって
メッセージきてた。
you.
you.
..そっか。
ピリクス
ピリクス
..聞いたよ。
ソラさんのこと。
you.
you.
..うん。私もハニ先輩から
聞いた。


あの日から3日後にソラ先輩は学校を辞めた。


フィリックスは先輩を責めないで警察沙汰にはしなかったけど
騒ぎを起こしたのは事実。


噂話はすぐに面白おかしく広がった。

だけどソラ先輩はそんな噂話のせいで辞めたわけじゃない。



you.
you.
もう一度、ダンサーとして
頑張ってみるって。。
すごいね、ソラ先輩。
ピリクス
ピリクス
そうだね。
..頑張ってほしいな。
アイドルになるにはもう年齢が過ぎてしまったけれど、ダンサーとしてならまだまだチャンスはある。

もう一度始めから頑張る。
だから学校を辞めることを気にしないでほしい。
それから私にも迷惑をかけてすまなかったと伝えてほしいとハニ先輩からソラ先輩の気持ちを聞いた。  


正直..
ソラ先輩とはいろいろあったし、もう会わなくて済むならそのほうがいい。

だけど、心の中には少しの寂しさがあって。

それはソラ先輩ともう会えないという感情の寂しさではなくて
もしかしたらいつの日か分かり合える関係になれたかもしれない。
それができなかった寂しさ、みたいなものが心に残った。

ただ少し間違えてしまっただけで本当に悪い人じゃない。
わたしはそう信じてる。

..だって同じ人を好きになった同士だから。








you.
you.
..!
フィリックスが私の左手をギュッと握った。
ピリクス
ピリクス
何考えてるの?
you.
you.
..大したことじゃないよ。
ピリクス
ピリクス

..
..もうすぐ着くね。

ピリクス
ピリクス
..うちでゆっくりしていくでしょ?
you.
you.
..ぁ
邪魔じゃなければ。
ピリクス
ピリクス
あなたのことが
邪魔なんてあり得ないよ。
you.
you.
ふふっ
ありがとう。














.
ピリクス
ピリクス
どうぞ
you.
you.
お邪魔します..
ピリクス
ピリクス
あぁ
久しぶりの我が家だ〜
そう言って少し緩むフィリックスの顔を眺めていた。
you.
you.

お茶でもいれるねっ
キッチン借り
言い終わる前に私はフィリックスの腕の中にいた。

後ろから抱きしめられて肩に吐息を感じる。
you.
you.
..お茶
ピリクス
ピリクス
後で..
ピリクス
ピリクス
ソファーに行こう。
キスしたい。
そう言われて手を引いてソファーに誘導される。
you.
you.
..キスならいつも
してたじゃん。。


そう入院中もキスならいつもしていた。 

帰る前にキスしてってフィリックスがねだるから。
途中で看護師さんが入ってきて慌てて離れたり。。
ピリクス
ピリクス
..ちゃんとしたキスが
したい。
あなたは?したくない..?
you.
you.
...したい、よ。


病院ではいつ看護師さんが来るかわからなかったし、個室だったけどすぐの廊下は誰かしらの足跡が響いていて、ゆっくりはできなかったから。。


ソファーで向いあって、また抱きしめられる。

ピリクス
ピリクス
好き。
チュっと耳にキスされた。
you.
you.
..私も、すき。
ピリクス
ピリクス
ん?
少し尖らせた唇をこちらに出されて、それに唇を合わせる。

それから小さいキスをたくさん重ねた。

..キュン


心臓が甘く跳ねる。


幸せだ。
キスだけでこんなに幸せな気持ちになれるなんて。。

you.
you.
んっ
突然唇の端を舐められた。
ピリクス
ピリクス
..僕がいない間、
他の男が寄り付いてこなかった?
you.
you.
..うん、そんなことないよ..
ピリクス
ピリクス
嘘。
you.
you.
えっ
ピリクス
ピリクス
さっきハニと話したって
言ってた。
you.
you.
あれは..
ソラ先輩のこと聞いただけで
何もないよ。。
ピリクス
ピリクス
..あなたは可愛いから
ピリクス
ピリクス
こんなに隙だらけだし..
you.
you.
んっ
耳に息を吹きかけられて思わず反応してしまう。
ピリクス
ピリクス
..簡単につけ入られちゃうよ?
you.
you.
..大丈夫だよっ
ピリクス
ピリクス
ふぅん?
you.
you.
...
フィリックスの手で優しく頭を固定される。

あ、深く甘いキスをされる。

その予感にまた心臓が跳ねた。



ピリクス
ピリクス
...あなた
僕以外のこと
見ないで。。
ね?


.