無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18.
ハニ
ハニ
あ〜
リノヒョンが怖かったぁ!
you.
you.
いや、ウィンクなんて
するからですよ。
ハニ
ハニ
いや、やってみたいじゃん
2人だけけのアイコンタクト?みたいなの
you.
you.
みつかってるから
2人だけのになってないんですよっ
ハニ
ハニ
あ、そっかぁ
サークルが終わってハニ先輩とご飯を
食べて帰ることになった。


学校から少し離れたところで
待ち合わせをしてお店に向かう。
you.
you.
それに、
恥ずかしいからもうやめてくださいっ
ハニ
ハニ
えっ
ハニ
ハニ
可愛い..
ハニ
ハニ
そんなこと言われたら
もっとしたくなっちゃうな〜
you.
you.
困ります!
どうしていいかわかんない!
ハニ
ハニ
あははっ
ハニ
ハニ
...困るとこもみたいかも
ハニ
ハニ
あなたのいろんな表情かおが見たいな。
ハニ
ハニ
たぶん全部可愛いから。
you.
you.
な!何言ってるんですか!
もう!からかわないでくださいっ!
ハニ
ハニ
からかってなんかないのになぁ〜
そう言ったハニ先輩の顔は
とっても楽しそうだった。




今日はハニ先輩がいてくれてよかった。
私ひとりならフィリックスに対して
すごく気まずかったと思うし、
このイベントからも抜けていたかも。

ハニ先輩は何度も私を助けてくれる、
ほんとにいい人だ。

この人のことを好きになれたらいいのに。

















ピリクス
ピリクス
、、、、、
ソラ
ソラ
何見てるの?
ソラ
ソラ
あ、向こうの通りにいるの
ハニじゃん!
ソラ
ソラ
えっ女の子といるよ〜
ソラ
ソラ
彼女できたのかな?
ピリクス
ピリクス
さぁ?
ソラ
ソラ
..なんか機嫌悪い?
ピリクス
ピリクス
いえ、そんなこと
ソラ
ソラ
..手、つないで?
ピリクス
ピリクス
はい。
ソラ
ソラ
....予定変更。
私の部屋にきて。
ピリクス
ピリクス
え?でもあの店に行くって..
ソラ
ソラ
また今度でいい
ソラ
ソラ
今日は朝までいてくれるでしょ?
ピリクス
ピリクス
、、、、あの
ソラ
ソラ
何度も断らないでっ
誘うのだって勇気がいるんだよっ
ソラ
ソラ
何度も誘うけど
たまにしか来てくれないじゃん!
ソラ
ソラ
私、フィリックスの彼女なんだよっ?
ピリクス
ピリクス
..ソラさん落ち着いて下さい、ね?
ソラ
ソラ
私が悪いみたいな顔しないでよっ..
どうしていつもこうなっちゃうのっ?
もう、、ヤダっ
ピリクス
ピリクス
泣かないでください。
..部屋に行きましょう?
ソラ
ソラ
.....
...今日はいっぱい優しくして、
甘やかしてくれなきゃ許さないから。
ピリクス
ピリクス
..はい。
















.


















ハニ
ハニ
あ〜お腹いっぱいっ
ぽんぽんとお腹を叩くハニ先輩。
食べ方も小動物感があって可愛いかった。
you.
you.
見てて気持ちいい
食べっぷりでしたっ





.
ハニ
ハニ
あのさ、
..時間まだある?
you.
you.
え?
ハニ
ハニ
一緒に行きたいところが
あるんだけど。













.
you.
you.
わぁ、、!
you.
you.
キレイ、、!
連れてこられたのは町が見下ろせる丘だった。
遠くに見える灯りがキラキラ光ってすごく
キレイな夜景スポットだ。


you.
you.
こんなところあるの
知りませんでした〜
ハニ
ハニ
、、あぁ、俺も人からいいところだって
聞いてまだ来たことなくてさ。
ハニ
ハニ
でも、それ以外は聞いてなかった。
you.
you.
、、、。
私はチラチラと周りをみた。

ロマンチックな夜景スポットだ。
みんな考えることは同じ、そう
周りはカップルだらけだ。


みんなお互いのことしか目に入っていないのか
夜景を見ながらハグしたり、キスしたり、、


正直この空気は気まずすぎる。
ハニ
ハニ
いや、なんか
ごめん。。
you.
you.
えっ、いや、そんなっ
you.
you.
がっ学校どのあたりかなァ?
耐えられずに話題を変える。

ハニ
ハニ
、、、。
you.
you.
ハニ先輩が私の手をとって、指を絡めてきた。
ハニ
ハニ
、、これだけ、、
イヤならやめる。
you.
you.
えっいやっ、そのっ
びっくりしてっ
イヤとかじゃっ
いきなりの恋人つなぎにドキドキして
しどろもどろになってしまう。
ハニ
ハニ
あ〜
クッソ可愛いな。
ハニ
ハニ
めっちゃ抱きしめたいっ
ハニ
ハニ
けどそーゆーのは
ほんとの彼氏になったときの
楽しみにとっておくから。
you.
you.
ほんとの彼氏..
ハニ
ハニ
お試しが終わったら、
覚えといてっ
you.
you.
は、はい
そうだ、今はお試しの恋人期間。

私の気持ち次第。




ハニ先輩はこんなにいい人。
ハニ先輩とほんとに付き合えばきっと
すごく幸せにしてくれると思う。


なのになんで、
今私は少し罪悪感があるんだろう。

こんなに暖かい気持ちをくれるこの人に。

.